1. まとめトップ

【豆知識】リャマとアルパカの違い

似て非なるアルパカとリャマ。両者の違いを検証。

更新日: 2014年05月18日

41 お気に入り 252823 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

c10h22さん

リャマとアルパカ

あなたは両者を区別できますか?

体高約1.2m、体重70~140㎏。姿はラクダやアルパカと似ているが、背中にコブはなく、全身がフッサフサの毛で覆われている。
南アメリカのアンデス地方に多く住む。同地方ではヤギとヒツジを合わせたような家畜として飼われており、
荷役に用いたり、毛皮をなめして高山地帯に欠かせない暖かい衣類を作られるのに用いられている。
また、アンデス地方では木材どころか草すら少なく、そのためかほとんどの草を食べる。
その糞は植物繊維を多く含み、貴重な燃料として利用されている。現代でも高山地帯では重用されているという。
アルパカとあまり見分けがつかないがリャマのほうがかわいい姿をしている。

南米原産の家畜種で野生では殆ど生息していない。リャマに似ているが、リャマは運搬、食料、糞(燃料にする)として利用するのに対し、アルパカは殆ど毛を刈るために飼育されている。リャマよりも警戒心が強く、威嚇として臭い唾を吐きかけてくることもある。

アルパカもリャマも同じラクダ科だが、
アルパカはビクーニャ属、リャマはラマ属に当たる。

主な生息地は南アメリカのアンデス地方で同じだが、
アルパカが主に体毛を使用するために家畜として飼われいるのに対して、
リャマは主に荷役として利用されている。

体形的にはアルパカのほうがリャマより小型。

素人がパット見で区別するのは難しいかな。
見分けるとしたら、「大きさ」、「毛」、「耳の形」などで見分ける?

アルパカのほうが、かわいらしくて、
リャマのほうが、かっこいいって感じ。

イメージ的にはアルパカは文化系、リャマは体育会系。。

リャマもアルパカもラクダ科の動物ですが、リャマの学名は Lama glama、アルパカの学名はVicugna pacosであることからも判るように、互いに属が違います。

外見上の違いとしては、リャマはアルパカよりも大きく、リャマの耳はバナナ状で長いのに対し、アルパカの耳は小さく尖っています。また、リャマの背は平らですが、アルパカの背中は少し丸みをおびています。

リャマの毛は一般的にはなめらかな羊毛のようですが、個体によって上質で柔らかい繊維を持つものから低品質の荒い繊維のものまでばらつきが大きいとされています。一方、アルパカの毛は豊富で非常に柔らかく、マントやポンチョにされます。

リャマは性格が穏やかであり人に良く馴れますが、アルパカは臆病な性格であるため馴らすのが容易ではありません。

北アメリカ大陸で分化を続けたラクダ科の動物の祖先はその後、一部はアジアに移動して今のヒトコブラクダやフタコブラクダになり、南アメリカに移動したものビクーニャやグアナコに進化していったと考えられています。そしてグアナコを家畜化したのがリャマで、ビクーニャを家畜化した動物がアルパカだと言われています。

前述の通りリャマとアルパカとでは属レベルで違いますが、交配すると子孫を残すことが可能です。そのため両者はどちらもグアナコから家畜化された動物だとする学説もあるそうです。

特徴は大きさの差です。
大きい順から リャマ > アルパカ > ビクーニャ です。

生物としても同じ族の別の属になっています。
もう一つの特徴は、リャマは毛を利用する他に荷を運ぶために使いますが
アルパカはもっぱら毛を利用するために飼います。

■アルパカの特徴は、リャマより小ぶりで、丸っぽい体格をし、耳が短く、前髪がフサフサしていたら、アルパカです。

■リャマ(ラマ)の特徴は、アルパカより大柄で、筋肉質の体格をし、耳が長く、前髪が短いのであれば、リャマ(ラマ)です。

@Ruri1993 リャマは、ウシ科の動物 アルパカはラクダ科の動物・・・ 真面目に答えていいかなぁwwwww

アルパカとリャマの違いってなんなんだぁあーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!

[86tweets]「アルパカとは違うのだよ!」リャマの走り方が思ってたよりも凄かった(動画):らばQ → tweetbuzz.jp/tb/51670437798…

「アルパカとは違うのだよ!」リャマの走り方が思ってたよりも凄かった(動画) via らばQ // 苦手な動物がまたひとつ増えた... labaq.com/lite/archives/…

1