1. まとめトップ

ノーベル賞 2015(10/6発表) 日本人有力候補 ~物理学編~

昨年の物理学賞は日本人3人が受賞!!今年は誰の手に。

更新日: 2015年09月14日

29 お気に入り 551959 view
お気に入り追加

2014年ノーベル物理学賞の発表は、10月7日(火)18:45 (日本時間)

昨年のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード!!

窒化ガリウム (GaN) を材料とする、青色の光を発する発光ダイオード

1929年 鹿児島県出身

1989年 世界初の高輝度青色発光ダイオード(青色LED)を実現させた

2000年 朝日賞
2002年 藤原賞
2009年 京都賞

1954年 愛媛県出身

1993年 青色発光ダイオードを開発。

1996年 仁科記念賞受賞
1997年 大河内記念賞受賞
2002年 武田賞

1960年 静岡県浜松市出身

窒化ガリウムを用いた高輝度の青色LED開発に関しては日亜化学工業の中村修二が有名であるが、基礎技術の大部分(単結晶窒化ガリウム (GaN) やp型結晶、n型結晶の作製技術やpn接合のGaN LED)は赤崎勇(名古屋大学→現・名城大学教授)、天野浩(名古屋大学教授)等により実現されている。また発光層に用いられているInGaNはNTTの松岡隆志(現・東北大学教授)などによって実現されており、それらの技術を使って製品化したのが日亜化学工業になる。

カーボンナノチューブの発見

炭素によって作られる六員環ネットワーク(グラフェンシート)が単層あるいは多層の同軸管状になった物質

1991年、日本の飯島澄男(当時NEC筑波研究所。現NEC特別主席研究員、産業技術総合研究所ナノチューブ応用研究センターセンター長、名城大学大学院理工学研究科教授)によって、フラーレンを作っている途中にアーク放電した炭素電極の陰極側の堆積物中から初めてTEM(透過電子顕微鏡)によって発見された

1939年 埼玉県出身

1991年 カーボンナノチューブの発見

2002年 恩賜賞・日本学士院賞
2009年 文化勲章

カーボンナノチューブ及びカーボンナノファイバーに対する最初の観察と研究は、1952年のソビエト連邦までさかのぼる。この時点で既に2人のロシア人科学者によってカーボンナノチューブと思われるTEM写真と文献が書かれていた。

しかし、このときは言語の問題や冷戦中という事もあり、その詳細な構造や性質などは西側諸国にはよく分からないまま研究は置き去りにされていた。その後も複数の研究者達によってカーボンナノチューブの観察と考察がなされていたが大きな発展はなく、その詳細な構造が解明されて材料としての重要さが認識され、量産に至るのは1991年の飯島による再発見の後のことである。

エルビウム添加光ファイバ増幅器の開発

「エルビウム添加ファイバー増幅器」を半導体レーザで駆動する方法を発明し、100万kmもの超長距離光伝送が可能であることを世界で始めて実証

レーザ通信に用いられる高純度のシリカファイバは、数十キロメートルおきに中継器を入れて信号を増幅する必要があるが、以前の中継器は大型で大電力を要するため、通信容量が電気増幅器の性能で限定されていた。

中沢氏の発明した光増幅器は、エルビウムという元素を添加したファイバを半導体レーザで活性化して光信号をそのまま広帯域増幅するもので、電気的増幅器のおよそ千倍の通信容量があり、小型小電力で長寿命であることから、海底光ケーブルの光中継器として世界各国で広く用いられるようになった。

1952年 山梨県出身

2006年 トムソン・ロイター引用栄誉賞
2010年 紫綬褒章受章
2013年 日本学士院賞受賞

インフレーション宇宙論の提唱

初期の宇宙が指数関数的な急膨張を引き起こすことにより、ビッグバン理論のいくつかの問題を一挙に解決する初期宇宙の進化モデル

この理論は、1981年に佐藤勝彦、次いでアラン・グースによって提唱された。インフレーションという命名は、宇宙の急膨張を物価の急上昇になぞらえたグースによるが、論文の投稿は佐藤の方が早かった。

1945年 香川県出身

1981年 インフレーション宇宙論を提唱

1989年 井上学術賞受賞
1990年 仁科記念賞受賞
2002年 紫綬褒章受章
2010年 日本学士院賞受賞

ニュートリノに質量があることを発見

ニュートリノは長い間、質量を持たないと考えられてきました。非常に精密な測定をしても、質量を持つという実験データが得られなかった。ところが、スーパーカミオカンデが1998年に発見したニュートリノ振動現象によって、ニュートリノにもごくわずかですが質量があることがわかった。

1959年 埼玉県出身

1999年 朝日賞
1999年 第45回仁科記念賞。
2010年 第1回戸塚洋二賞
2012年 日本学士院賞受賞

1946年 新潟県出身

1999年 朝日賞
2003年 仁科記念賞
2005年 紫綬褒章
2006年 学士院賞
2007年 ロシア・ポンテコルボ賞

強相関電子酸化物における傑出した研究

1 2





sunnyskybrightさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう