1. まとめトップ
  2. 雑学

【ハリルジャパン】2015シーズン年俸ランキングが意外すぎるww

2014年W杯も終わり、海外リーグのビッグクラブで活躍する日本人選手が増えた今、日本代表選手の年収はどれくらいでしょうか。新監督ハリルホジッチ氏の年俸、日本代表選手の意外なサラリーに驚きです。

更新日: 2015年04月12日

sbtmskmさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
48 お気に入り 1420266 view
お気に入り追加

そもそもサッカー選手の年俸はどれくらいでしょうか

「Jリーグには1998年に横浜フリューゲルスが消滅した苦い過去があります。それ以降、年俸の高騰が経営を圧迫するという見解が大勢を占め、一般企業に例えれば、人件費が削減されているのです」

リーガ・エスパニョーラ 2億7千万円
プレミア・リーグ 1億6千万円
ブンデスリーガ 1億5千万円
セリエA 1億1千万円
リーグ・アン 5700万円
エールディヴィジ 4400万円
ロシア・プレミア 3000万円

それでは本題、日本代表選手の年俸ランキング TOP10

ドイツの名門・ドルトムントに所属
ドルトムントからマンチェスターUへ移籍して年収が倍以上にアップし、300万ポンド(約5億1600万円)へ。ドルトムントへ再度復帰し、年棒は250ユーロ(3億4000万円)
他サイト等で数字が9億2000万円となっているのはマンチェスターU当時のもの。現在は推定年収7億5000万円程度か。
CM出演やサッカー関連の仕事が多いことも高年収の要因か

いわずもがな日本代表不動のエース
イタリア・セリエA・ACミラン所属
ビッグクラブへ移籍したことで年俸は倍増
年俸は270万ユーロ(約3億8000万円)で、サッカーによる年俸のみを見ると、香川よりも高い。

FC東京時代の年俸は2500万円
現在は約1億5400万円と推定されています。
活躍の割には年俸は低い。
今ではCM出演や著書の売り上げでも2500万円以上でしょう

日本代表キャプテン
著書『心を整える。』はベストセラー
年俸換算はヴォルクスブルグ時代のもの

日本代表不動のセンターバックとして活躍
VVVフェンロからプレミアリーグ・サウサンプトンに移籍
Jリーグに最後に所属した2009年は1600万円

ここ最近急成長を遂げた元セレッソの乾貴士
セレッソでのエース番号【8】を着けなかったが、現在フランクフルトでは【8】を着けている

身長は普通ながら、ヘディングと身体を張ったプレー・がむしゃらなプレーが持ち味
2009年には世界得点王に輝いた
Jリーグに最後に所属した年の年俸は3500万円
年俸はシュツットガルト時代のもの

出典ameblo.jp

今夏の移籍市場でヘルタ・ベルリンへ移籍した
日本代表ではボランチとして活躍を狙うが、遠藤・長谷部の牙城を崩せないでいる
Jリーグに最後に所属した2010年は2000万円

19歳の頃から日本代表の右サイドを務める
容姿が良いことから女性ファンが多いが、プレーも一流
現在、ドイツの強豪シャルケでレギュラーを務めており、プレミアリーグの強豪アーセナルからの関心も噂されている

今や日本代表期待の新星として注目され、得点王争いでも上位にいる柿谷選手はわずか2000万円でしたが、2014年シーズンからは5000万円へ。さらにスイス1部バーゼルに移籍したことで1億5400万円になりました。これからさらにビッグクラブに羽ばたくことで数十倍にもなりそうです

このランキングのなかで唯一Jリーグ所属。※J2
日本代表では歴代出場試合数1位を誇る日本の大黒柱
Jリーグでは遠藤より高給の選手も数人いるが、日本代表に限定すると遠藤が一番高給である。第9位の内田篤人と比べると2倍以上もの差がある。

どうでしたか?

第1位が香川選手なのは想定内だったと思いますが、細貝選手が高給だったり遠藤選手が実力の割にはあまり高くない年俸にとどまっていますね。

~番外編~

2011シーズンJ2得点王になった翌年で1500万円、そして2012シーズンJ1で第2位の得点を挙げても3000万円です
サガン鳥栖の大黒柱として活躍を挙げていますが、W杯後には海外チームへの移籍も視野に入れている事でしょう

10年連続で2桁得点という偉業を成し遂げても6000万円
抜群の安定した成績を残してもJリーグではその程度しかもらえないのですね…

セレッソの次期エースである南野拓実選手の年俸は1000万円でした。今の活躍からすると少し少ないようにも思えますが、来期以降上昇すると見込まれます。また、海外に移籍するとさらに増えるのではないでしょうか。

柏レイソルからリスボンへ移籍し、アギーレジャパンにフライング招集された田中順也選手の年俸は4200万円でした。尚、移籍金は86億円に設定されています。

アギーレジャパン初陣にサプライズ選出された坂井達弥選手の年俸はわずか480万円で、日本代表のトップ選手と比べると100倍以上の差があります。将来有望な左利き大型CBにアギーレ監督は一目置いたようです。

今年契約したばかりの新星・武藤嘉紀選手の年俸は480万円。今の活躍を考えると来年には倍額以上の提示があることは間違いない。今の額は前述の坂井達弥選手と同様に、本田選手等と比べると100倍〜150倍もの差があることを考えると、数年後には武藤選手も数百倍の年俸になる可能性があると考えられる。

1





sbtmskmさん