1. まとめトップ

【イチロー世界記録へ】超えるべきアノ選手と徹底的に比較してみた!4000本安打ピートローズ

イチメーター 現在 安打数 日米通算 世界一 歴代最多安打 通算 メジャーリーグ  イチメーター ベーブルース 現在 ピート ローズ タイ カッブ カップ イチロー 安打数 3000本安打

更新日: 2016年11月05日

12 お気に入り 1198094 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kekekekeke23さん

▼【イチメーター】最終ページにて、イチローの現在の日米通算安打数を速報中!▼

▼本編こちらから

ついに歴代2位へ!!タイ・カッブに並んだ!!

マイアミ・マーリンズのイチロー外野手は14日、敵地で行われたセントルイス・カージナルス戦に7番ライトで先発出場し、4打数1安打を記録。日米通算4191安打とし、タイ・カッブ(元タイガースなど)の持つメジャー歴代2位の記録に並んだ。

オリックス時代に1278安打を放ち、大リーグで2913安打。ピート・ローズの持つメジャー歴代最多の4256安打が次の目標となる。節目の大リーグ3000安打も迫っている。

【2015シーズン】快挙に迫るイチローに大リーグも注目…       最多記録まであと134安打

米大リーグの公式サイト『MLB.com』は2日(日本時間3日)、2015年に差し迫った15の注目の話題を紹介した。その中で現在ヤンキースからフリーエージェント(FA)のイチロー外野手(41)が、ピート・ローズ氏(72=レッズ、フィリーズなどでプレー)の持つ歴代最多の通算4256安打を達成できるかを取り上げた。

■イチロー、世界最多安打記録の可能性を徹底検証してみました■

イチローは、日本プロ野球で活躍した1992年から2000年までに通算1278本安打を記録しており、大リーグでは通算13シーズンで2722安打を放っている。

 これまで大リーグで4000安打以上を記録したのは、通算4256本のピート・ローズ(Pete Rose)氏と同4189本のタイ・カッブ(Ty Cobb)氏のみとなっている

◆超えるべき第一のカベ

◆歴代二位 タイ・カッブ (現役期間1905~28) 4189安打◆

右手と左手を離してバットを握り[6]、そのまま構えるという独特のフォームをとり、体調に合わせてバットの重さを変えていた。また、両手をあけてバットを握るため、「ボールに十分『力』が乗らないのでは」との声もあったが、カッブは「単に『力』のみが強い打球を生み出すものではない」と言い、そのグリップで剛速球をたたいて、奥深く守っていた右翼手のグローブをはじきとばした上に彼の指を折ってしまったこともあったという。

1909年にはMLB史上唯一の打撃全タイトル制覇を達成。通算打率.366で首位打者に12度も輝くなど数々のMLB記録を保持しており、選手の権利というものを最初に訴えた選手でもある一方、悪評も有名な人物であり、「最高の技術と最低の人格」とも評された。

▼4000安打達成は40歳

1927年、打率.357の好成績を残し、史上初の通算4000本安打を達成。

▼記録

記録
通算安打:4,191(歴代2位)
通算得点:2,246(歴代2位)
通算二塁打:724(歴代4位)
通算三塁打:297(歴代2位)
通算打率:.366(歴代1位)

▼日本との関わりも

1928年シーズンオフには日本に渡り、当時の大毎野球団に加わる形で神宮球場や甲子園球場で計12試合を行った。日本に滞在していた際のカッブの様子は、たいへん紳士的であった。

▼晩年は・・・

引退後は困窮した元メジャーリーガー(ミッキー・カクレーンなど)のために自分の財産の一部を寄付し続けた話もあるなど、若手選手を積極的にバックアップした。 1936年、野球殿堂の殿堂入り選手第一号の栄誉に輝き、「今日は最高の日だ。私はここにいることを光栄に思う」と発言している。得票数はベーブ・ルース、ホーナス・ワグナー、クリスティ・マシューソン、ウォルター・ジョンソンらを上回る最多得票である。また、カッブの現役時代に背番号がなかったために番号は指定されていないものの、デトロイト・タイガースでは永久欠番と同様の扱いになっている。
しかしその一方で私生活は荒んだもので、護身用に拳銃を携帯し、体の痛みを紛らすためにバーボンを一日に一瓶空ける有様だったという。結婚生活も全て最後は破局し、子供や肉親のために莫大な財産を残し、故郷に豪華な墓を建てたが、全員から縁を切られ、墓に入ることも拒否されたと言われている。
1961年7月、癌のため74歳で死去。葬儀に訪れた球界関係者は、たったの3人、もしくは4人だけだったという(事前に家族が断っていたためだった、とも)

◆世界最多安打への最後のカベ

◆歴代第一位 ピート・ローズ(現役期間1963~86) 4,256安打

スイッチヒッターであるローズの打撃フォームは独特で体を大きく屈め、ボールを覗き込むように構えるクラウチングスタイルをとった。パワーはなかったものの、真芯で捕らえる技術に長け、確かなミートで安打を量産した。足もさほど速くはなかったが、アグレッシブな走塁で二塁打、三塁打を狙った(通算二塁打は、メジャー歴代2位)。

1 2