1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

良い香りさん

電車の中で母親が子供に、「勉強っていうのは、すればするほど、知らないことや分からないことが世の中にはいっぱいある、って分かることなんだよ。おれ知ってるぜーっていばってるのは、勉強したことにならないんだよ」って話してて、心の中で涙を流しながら拍手をした。

【朗報 国会に周波数オークション法案を提出キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】 これは是非立法化を!! pic.twitter.com/OTQq5011Kn

これは個人的にやっていますが、本当に感動的に長持ちします。半分のを買うと切り口が赤くなっちゃうし、一玉で買いたいですよね。 包丁は危ないので大きめのスプーンで押すといいですよ。一人暮らしや家族が少人数の方はオススメです♪ comorie.nifty.com/3686.htm

ドリフの番組が日本全国で有害番組に指定されまくった時期、鹿児島では椋鳩十先生の反対で有害指定されませんでした。先生曰く 『子どもに、歯磨け、宿題やったか、風呂入ったか、風邪引くなよ。なんて語りかける番組ほかに無い。あんたらが言って… twitter.com/i/web/status/8…

おじいちゃんの岸信介さんも叔父さんの佐藤栄作さんもこれをやられた。徹底的に。 二人とも偉大な業績を残した。 僕は理解した。 メディアに叩かれる政治家は一流。 メディアに迎合する政治家は二流。 https://t.co/wqdH0bzKx1

社員のモチベーションが低く、倒産寸前に追い込まれていたとある企業が、マネジメントを変えることで23年連続黒字、10年以上離職率ゼロに生まれ変わったという奇跡のような実話があります。無料メルマガ『毎日3分読書革命!土井英司のビジネスブックマラソン』の著者・土井英司さんが今回取り上げているのは、そんな会社の社長が著した一冊。書籍の内容を引きながら、その驚くべき手法を紹介しています。

『ありえないレベルで人を大切にしたら23年連続黒字になった仕組み』

私は、人生の喜びは「4つ」あると考えています。

ひとつ目は、「ほかの誰かに必要とされる」こと。

2つ目は、「ほかの誰かを助ける」こと。

3つ目は、「ほかの誰かに感謝される」こと。

4つ目は、「ほかの誰かから愛される」こと。

このうち、最初の3つは、働かないと得られない喜びです。

経営者は「働く喜び(人生の喜び)」を知る雇用者をひとりでも多く増やす責任がある

24時間託児所

JR佐賀駅から車でおよそ5分の佐賀市内の一軒家。中に入ると、走り回ったり泣き叫んだりする幼い子どもたちの元気な声が響きます。ここは、佐賀市のNPOが運営する託児所です。
0歳から中学生まで、24時間365日子どもたちを預かっています。1時間の利用料金は300円と同じような施設と比べ、破格の料金です。佐賀市内では、夜間子どもを預かってくれる施設はほとんどなく、ベビーシッターなどを頼むと高額です。このため、早朝や夜間に勤務のある親、周囲に頼る人のいない親など、利用を希望する人たちは後をたちません。

働く親の力になりたい

この託児所を開設したのは、佐賀市のNPOの代表、秋山広子さんです。きっかけは、自身のつらい体験でした。5歳と3歳の子どもを連れて、7年前ふるさとの佐賀に戻ってきた秋山さんは、ひとりで子どもを育てていくために、以前から勤めていた保険会社の営業を続けました。夜、客先を回ることもあり子どもを預ける場所を探しましたが、ほとんどの施設は急なお願いに応じてもらえず、預かってもらえたとしても1日の保育料が数万円というところもありました。

前に、ツイッターで 「カラスに挨拶とかしてると仲間と思って悪さとかゴミとか荒らさなくなる」 っていうの見てから、家の周りのカラスに 「おはよー!」とか「よっ」とか手を振ったりとかしてたら、 本当にウチと両隣りの家のゴミ荒らさなくなった。 ちょっと離れた家のゴミは容赦なく荒らす

警視庁などは10日、過激派「革マル派」の非公然アジトと見られる部屋などを捜索しました。一連の捜査で、「革マル派」のトップの実名を初めて把握したということで、警視庁などは組織の実態解明を進める方針です。
10日に警視庁と神奈川県警が有印私文書偽造などの疑いで捜索したのは、東京・葛飾区内と神奈川県内の団地の部屋です。
警視庁によりますと、このうち都内の部屋は過激派「革マル派」の非公然アジトと見られ、神奈川県内の部屋は組織のトップの植田琢磨議長(70)が本名の「新田寛」という名義で住民登録している場所だということです。

植田議長は、平成8年に就任して以来実名を公表せず活動していましたが、警視庁が一連の捜査の中で、実名を初めて特定したということです。

1 2 3 4 5 ... 17 18





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1