1. まとめトップ

イチロー批判の歴史

日本では神格化されつつあるイチロー。日本ではあまり報道されなかったイチローの批判的な記事や発言をまとめました。偉大な記録の裏には常にバッシングと戦ってきた苦悩がある。

更新日: 2013年08月23日

7 お気に入り 161053 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「応援歌ウザいからやめてくれ」と契約更改の席で言ったため、応援団からイチローの打席だけ応援をボイコットされる。

オリックス時代

イチローは良い選手だが、単打しか打てないモスキート(蚊)だ。チームをワールドシリーズに導けるだけの選手ではないし、チームの核になれるような選手でもない。確かに彼のファンは多いし、グッズも良く売れる。しかし、今こそチーム強化に大ナタを振るうべきではないか?(2008年)

シアトルの地元記者J・ムーア氏

ロッカーで何度ブン殴ってやろうと思ったことか。そう思っている選手は何人もいるぞ(年度不明)

地元紙で匿名を条件に取材を受けた同僚選手

関係者の話として、「自分の記録だけを追い求める利己的な選手」と批判する選手が多く、昨年5月や今年の序盤に「イチローに対して暴力を振るおうとする選手がいて、その不穏な動きを察知したジョン・マクラーレン前監督らが制止してミーティングを開いた」(2008年)

シアトル・タイムズ紙

特定選手(=イチロー)を優遇する政策(favoritism)を改め 平等なチームを作ることが一番の課題だと明言。(2009年)

ワカマツ監督

イチローがメジャーでゴールドグラブ賞を取ったというけど、守備に関しては、明らかに由伸の方が上。イチローは元投手でモーションが大きい。その点、由伸は捕球してから投げるまでが速いからね(年度不明)

元巨人、仁志敏久

1番バッターでありながら四球が少なく、ボール球でも平気で打ちにいく

野村克也元楽天監督ほかアメリカのメディア報道などで

一番バッターでありながら出塁率を重視するより、安打数を意識する四番バッターのバッティングをしている。

野村克也元楽天監督

(イチローは)マリナーズで評判悪いらしいやないか。チームメートが全然相手にしていないらしい。団体競技なのに、嫌われたら話にならんだろ(2009年)

野村克也元楽天監督

左打者で俊足のイチローなら、当てさえすれば、ボテボテのゴロでも内野安打にして、打率を稼ぐことができるからね。ボールになる変化球を多投してくるセ・リーグなら、あそこまでは打てなかったと思うよ。(年度不明)

元巨人、仁志敏久

200本安打は簡単じゃない、ましてそれを、8年連続して続けるんだから、イチローのことをとやかく言いいにくいね。イチローのメジャーリーガーとしての勤労意欲やモラルには文句のつけようがない。でも、イチローの型にはまった一連の行動は、ばかげていると思う。イチローを見ていると、すべてが、毎日例外なく同じなんだ。イチローは試合に向けた準備をしているだけなんだが、でもね...。(2009年2月15日)

プッツ投手

オーナーを飛び越えて、後ろ盾の『任天堂』山内溥相談役(84)と話をするので、イチローの意見は絶対だった。(年度不明)

前出・在米ジャーナリスト

このチームにはオーナーよりも権限を持った選手がいる(年度不明)

05年から07年途中までマリナーズの指揮を執ったハーグローブ元監督

イチローは内野安打でもいいから楽だけど、松井の場合はどうしてもホームランを期待される。(2010年)

王貞治

3、4シーズンは(安打)全体の27、28%が内野安打。世界一幸運な男に違いない(2010年)

通算 4256安打の大リーグ記録保持者ピート・ローズ氏(69)

悲惨なほど成績の悪い38歳が、将来を担う若い選手を犠牲にして試合に出続けるのを見たくない(2012年7月19日)

ベイカー記者ブログ

イチローは彼のルールでプレーをしていた。彼がバントをするのは、自分がしたい時。バントのサインが出ているのに、しないことも多かった。盗塁のサインも頻繁に無視、彼が走るのは彼が走りたい時、走りたくない時は走ろうとしなかった。イチローは、イチ『ノー』であることが多すぎた(2012年8月3日)

ケリー氏コラム

イチローについては、以下の点が『有名な話』ですね。
①機嫌の悪い日は、インタビューに応じない。
②①の反対。機嫌の良い時は応じる。(限定記者のみ)
③くだらない質問には応じない。
④チーム・メイトとは親しくしない。(例外はあり)
⑤ロッカー・ルームでは常に1人。
⑥批判記事はタブー。(書いた記者・会社は、以後、出入り禁止)

ブロガー

「他人はどーでもいい」「自分さえきっちりプレーできているんだから、なんか文句ある?」「あなたにこんなこと言っても理解できないでしょうけど・・」「何でこの俺様がファンやチームのために何かをしてやらなきゃいけないの?」「俺は凄いけど、他のチームメートは全員無能」という感じの態度がありありなんですよね。

ブロガー

1