1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【雑貨巡りとカフェ】蔵前・浅草橋 昭和な雰囲気とモダンなデザインショップとカフェ散歩【東京】

蔵前鳥越浅草橋周辺。ちょっと昭和な建物が残るイーストエリアに続々出来るデザインショップとカフェをまとめました。浅草辺りも入れると広くなりすぎるので、北側は春日通り・基本 江戸通りと国際通りに面していて、そのまま江戸通りを浅草橋の周辺です。革小物のお店、リボン、工房カフェなど色々あります!

更新日: 2016年06月29日

materialstarさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
551 お気に入り 615196 view
お気に入り追加

職人ものづくりの街区、台東区エリアの街並みとデザインショップを楽しむ♪

蔵前という地名は、江戸時代、幕府の米を貯蔵する蔵があったことに由来するという。この蔵付近には、多くの米問屋が軒を連ね、大いに栄えていたそうだ。

近年はこの付近にクリエイターが集まり、『カチクラ』と呼ばれるものづくりの街としても注目されている。買い物がてら、彼らの作品を見に出かけるのも楽しみだ。

御徒町のカチ、蔵前のクラでカチクラ

蔵前周辺で最近のホットな話題といえば、隅田川の対岸、徒歩圏内にできた「東京スカイツリー」だろう。

東神田や馬喰町は、江戸時代は古着屋・家具屋・旅館などのさまざまな商売が集まり、戦後は繊維を中心とした問屋街として発展してきた場所。そして、台東区はものづくりに従事している人が都内で一番多く、帽子や靴の製造業者も台東区に集中している。ここ30年の間は、大手町・日本橋といった周辺の大規模開発に押されて、空きビルや空室の目立つ地域となっていたが、この10年以内で続々と新規でお店をオープンする20代30代のオーナーが出現。物件の賃貸価格の安さもあってか新しい作り手も呼び込まれているが、モダンにはなりきれず。なんとなく昭和な雰囲気も残されている、そんな台東区エリアのデザイン系ショップをまとめ

蔵前   台東区でも東。隅田川に面しているあたり。

KONCENT

http://www.koncent.jp/
仕掛人は、アッシュコンセプト株式会社の名児邪秀美(なごやひでよし)さん。ショップ、ギャラリー、ワークショップスペースとして場を提供。アッシュコンセプトが制作したアイテムの他にデザイン雑貨をセレクトしている

ーー「KONCENT」は元おもちゃ問屋。それを聞いただけでとてもワクワクします!
名児耶 そうなんです。おもしろいつくりなんですよ。中二階が倉庫になっていたり、螺旋階段があったり。急いで、壁を塗り直し、床を剥がし、イベントに参加して、この街とつながりたい! という意思表示としてオープンしたんです。

アッシュコンセプト(株)

http://www.h-concept.jp/
すべてのモノは、デザインが繋いでいる。
みんなを笑顔にする、デザイナーのメッセージを世界に届けるブランド。

IREMONYA TOKYO

cholon 東京店  *駒形

http://www.cholonweb.com/tokyo
オリジナルを中心にした雑貨とセレクトアイテムのお店。店内スペースをギャラリーやワークショップの場として貸し出しもしている。

Alt81 革小物、バッグの蔵前ショップ

Alt81[オルト ハチジュウイチ] 蔵前店
東京都台東区蔵前2-1-23 蔵前立沢ビル A号
TEL/03-5809-2117

営業時間/11:00-20:00

定休日/水・木・金(臨時休業有り)

1 2 3 4





materialstarさん

ボツ企画になったものや流行ものやら・本業ではやれないけど気になったことなどをまとめ。

このまとめに参加する