1. まとめトップ
  2. カラダ

気軽にできる!運動を習慣化させるコツ

運動不足だと血行が悪くなり内臓機能が低下します。運動が良いのはわかっていても、続けられない人が多い。運動を続けらるためのコツをまとめました。

更新日: 2013年08月25日

mabosanさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
984 お気に入り 126653 view
お気に入り追加

運動が続かない

運動はいつも続かないので、暫くおかわりしねえ。大盛りも頼まない。白米は二分の一合。よっしゃ

@makipluto はち切れ。・゜・(ノД`)・゜・。運動続かない三日坊主野郎。・゜・(ノД`)・゜・。

痩せる努力しなきゃ‥運動嫌いじゃないけど続かない_(:3」∠)_めんどくさいこと嫌いすぎて‥授業のバスケしたいなあ、高校に戻りてえ

超太っちゃったんですぅ 頑張っても全然痩せないんですよぉ ダイエットとか続かないんですぅ 食事制限とか無理ですぅ 運動も続かないんですぅ えっ?痩せたって?気のせいですよぅ 等とダイエットしていることを必死に隠そうとする心理はなんなんだろう…

1.最初は簡単な運動を積み重ねる

運動は毎日続けることは大事ですが、続けられなくても定期的に長い期間続けることのほうが大事です。できる時に無理なく行えばいいのです。

習慣化するにはコツがあって、最初のハードルを下げることです。

例えば、腹筋を毎日したければ、とにかく毎日腹筋を1回する、これだけに目標を置くのです。

運動量も始めは物足りないかなと思うくらい、少なめに。ほんの5分、10分の積み重ねが運動習慣を定着させるのです。

自宅周辺のウオーキングや部屋でもできるストレッチ、エクササイズDVDを見ながらの運動や簡単なバランスボールトレーニングなど自分が出来るところ、興味のあるところから始めてみるといいと思います。

今日は走らないで、外に出てみるところから始めます。必ず出来ることを決めて行動した方が挫折しません。

明日や明後日のことは考えないで「今日だけやってみる」を毎日繰り返して自分を騙します。次の日も、「今日だけはちょっとだけ外に出てみる」を繰り返します。

2.運動中や運動後の楽しみを作る

運動の後は、好きなテレビを見たり、ゲームをしたり、“運動”と“ご褒美”をワンセットにすると運動を楽しみやすいです。

退屈さの解消には音楽が非常に有効です。お気に入りの楽曲を入れた携帯電話やウォークマンを利用すれば、ランニングやウォーキングがグッと楽しいものに変わります。

自分なりに運動習慣の計画を立て、1週間続けられたらなど期間を決めて、自分へのごほうびを用意しておくとやる気がかなりアップします!

ごほうびのために運動することも、運動を始める段階では効果的な方法です。ごほうびが運動グッズだとさらに運動を続けたくなること間違いなしです。

3.運動の記録を取る

運動を終える度に自分の行った運動の記録を取る

ただ運動を始めるだけで、あなたは最高の幸福感を得ることができる

体重減量に取り組むのであれば、毎朝体重を記録してそれをグラフ化する、またウオーキングに取り組むのであれば歩数計などを携帯し、毎日歩いた歩数を書き残しておくとよいでしょう。

毎日の記録をとることで、ダレずに続けられます。カレンダーに印を付けたり、運動の習慣だったら毎日体重を付けたりなどします。要は自分の行動を自分の意識にフィードバックさせるわけです。

運動ログをしっかり取るようになった。この地味な作業、1週間、1ヶ月後に振り返ってみると面白い結果に化けます。

「三日坊主なのに、こんなに続いたのか!」と自慢したくなります。

4.日常の中に少しずつ運動を取り入れる

階段はどこにでもあるので、これも日常的に簡単にできる運動です。駅や建物内ではエレベーターやエスカレーターをできるだけ使わず、とにかく階段を利用すること。

スローピングとは、階段や坂道を上り下りすること。平坦な道と比較すると2~3倍もの負荷がかかるので、エネルギー消費量が多くなります。それだけ短時間で効率よく運動できるのが、最大のメリットです。

5.運動効果を上げるコツ

正しい姿勢を保つと、簡単に筋肉を鍛えることができます。
お尻とお腹に力を入れてギュッと締めます。

運動の効果を高め、体に負担をかけないために、正しい姿勢を意識しながらウォーキングを行いましょう。

ウォーキングで最も大切なのは姿勢です。肩の力を抜く、背筋を伸ばす、バランス良く重心をかける(左右の足に均等に体重をのせる)、視線はまっすぐ前に向ける、軽くあごを引く。
正しい姿勢が確認できたら、軽くつま先で蹴り出し、かかとから着地するようにして歩きます。

大股ウォーク

骨盤から脚をグイッと動かすイメージで力強く歩きます。ヒザ下や脚には力を入れず、体幹部の動きに連動してしなやかに動くよう意識しながら。みぞおちから脚を振り出すイメージで前進しましょう。

カカトウォーク

ヒザを曲げずにカカトで歩いてみましょう。猫背や骨盤が後傾しすぎた姿勢にならないよう意識してください。腰に手をあて、骨盤を使って脚を動かす……この動きでウエストまわりがシェイプされます。

関連まとめ

1 2





明日は明後日の風が吹く。
見やすいまとめを作っています。
なんでもないような「まとめ」が珠玉だったと思う~
http://bit.ly/ryoyWz