1. まとめトップ

どどどどいあき!、野波麻帆とは

1980年5月13日生まれ。女優、スタイリストとして活躍する野波麻帆さんはこんな人。モテキの土井亜紀役で有名だと思います。とにかく色気がある女性です。

更新日: 2016年05月16日

15 お気に入り 39415 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

riraera17さん

女優の傍ら、活動の幅は広い

出典ameblo.jp

大のファッション好きとしても知られ、それが高じて、2007年、友人であるYOON(m-flo・VERBALの妻)とThe Othersというユニット名でスタイリストデビューした。同じ事務所の長澤まさみなどのスタイリストをしている。また、The OthersとしてDJ活動も行うなど、女優業以外にも様々な活動を行っている。カメラが趣味。

そしてスタイル維持にも精力を注ぐ

走ることがすごく好きで、1度に1時間ほど、週に2~3回は走っていますね。形から入るタイプなので、着ていてテンションの上がるウェアを揃えて、音楽を聴きながら走っています。まだ始めて1年経っていないくらいなのですが、体調もすごく良くなってストレス解消にもなるので、これからも続けていきたいですね。

懐の深い恋愛観

男性のどうしようもなさというか、可愛さというか、ダメな所を可愛いと思えるのは女性の特権ですよね。どんな女性でも男性を可愛いと思う懐の広さを持っていると思うし、私もそう思える女性でありたいなと思います

今は「浮気なんて絶対無理!」って思ってるけど、「ホントにごめん!」みたいな感じで謝られたら女の人って許しちゃうのかなあ、とか、まだ経験はないですけど、思ったりはちょっとしました。

20,30代と大人になるに連れての仕事観、恋愛観

やっぱり自分の好きなものとか打ち込めることを見つけておかないと、ダメだと思いますね。今この時代っていうか。女性も、ただただ専業主婦になるっていうのも、たとえば、仕事していても何も考えずに仕事をしているとかではなく、やっぱり女性が魅力的だったりとかするためには、何か好きなものや、うちこむものがあったりじゃないと、その人がしっかり地に足つけて歩いてる感じがしないですよね。そういうものがある人は素敵だなあと思いますね。

若い頃の恋愛観で言えば、何か自分に持ってないものを持っている人だから、付き合ってみようとか、未知の世界がみたくて、人と付き合ったりすることもあったと思うんです。でも、やっぱり20代後半から30代になって女性は結婚を意識するようにもなってくると、20代後半から30代ってもう、自分の好きなものが見えて、固まってきているし、何が嫌いで何が許せないとか大体もうわかるじゃないですか。
そういう中で、ちゃんとそれを理解し合える人だったり、良いものは良いと一緒に言える人、ホントにすごく普通の言い方ですけど、価値観がちゃんと合って、まっすぐ正面をみて向き合える人と恋愛をしていきたいなと。

きっくと話してたらもう一回モテキ見たくなってきた。よし、土井亜紀の虜になるか。

@gachokan89 うちも土井亜紀タイプ~!!!!男だったら物にしたいね~あーゆー人wwwww

1