1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Y_akaikeさん

シアトル・マリナーズのホーム球場。バンクワン・ボールパーク(現チェイス・フィールド)に次ぐ世界2番目の開閉式屋根付き天然芝の野球場である。

右翼スタンドの上に収納された屋根は3枚の鋼鉄板で出来ており、重さは約1万1,000トン。開閉には20分ほどの時間を要する。貨物線の隣に建設されたため、列車の走る音が屋根に反響して球場内に響き渡る。

アメリカ合衆国のニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス区に建設された野球場。MLBニューヨーク・ヤンキースの本拠地球場。

ボストン・レッドソックスの本拠地。
本塁から左翼までが310フィート(約94.5メートル)しかない。さらに左中間が膨らまず、直線的に延びているため、プロの使用する球場としては極めて浅い。そこで容易に本塁打が出るのを防ぐため高さ37フィート(約11.3メートル)の巨大なフェンスが設置され、当初は広告で覆われていたが1947年にグリーンに塗られた。このフェンスは通称グリーン・モンスター(Green Monster)と呼ばれている。

MLBピッツバーグ・パイレーツのホーム球場である。

旧球場スリー・リバース・スタジアムがアメフトとの兼用球場だったため、ファンからの不満が次第に増えていった。そのため、1996年に、野球とアメフトそれぞれの専用球場を建設する計画が立ち上がった。

1999年4月にはPNCパーク、6月にはハインツ・フィールド(NFLピッツバーグ・スティーラーズの本拠地)の工事が開始。PNCパークは2001年3月31日に開場した。

シカゴ・カブスの本拠地球場である。現在の大リーグ全30球団の本拠地球場の中で、フェンウェイ・パーク(マサチューセッツ州ボストン)に次いで2番目に古い球場。

アリゾナ・ダイヤモンドバックスの本拠地球場である。1998年に開場。ロジャース・センター、福岡ドームに次いで世界3番目(アメリカでは初)の開閉式屋根付き野球場であるが、フィールドに天然芝を採用しているのは世界初。

ミネソタ・ツインズのホーム球場
スタジアムは天然芝の屋外球場である。これにより、MLB本拠地球場で人工芝を使用する球場はロジャース・センターとトロピカーナ・フィールドの2箇所のみとなった。

広島東洋カープが本拠地球場(専用球場)として使用している。

正式名称は「広島市民球場」(ひろしましみんきゅうじょう)。

出典www.wallpapersas.com

出典upload.wikimedia.org

出典upload.wikimedia.org

1 2