1. まとめトップ

マニュアル車への苦手意識を克服しよう

マニュアル車は運転が難しい、そう思っている時代が私にもありました。たしかにオートマよりは操作が増えますので当然難易度は上がると思います。ですが、少しずつ慣れていけば何も問題はありません。実際あなたより一周りも二周りも年上の人はマニュアルで免許を取っているじゃないですか。

更新日: 2013年08月29日

sandayouさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
210 お気に入り 604942 view
お気に入り追加

エンストとの闘い

マニュアル車にエンストは付き物です、たまに「俺は教習所の時からエンスト知らずだ」なんて自慢する人も居ますが、実際にそういう人はあまり居ませんので、最初はエンストなど気にせず半クラに慣れて生きましょう。
最初はアクセルを踏みすぎても気にしないことです、2000回転でも結構な音が出ますのでビビってアクセルを急に弱めるとエンストの原因になります。まずはアクセル空ぶかししてみて音に慣れてみてはいかがですか。

私なんか路上に出た後でもエンストしてましたし、今でもたまーにエンストします。リラックスして運転しましょう。エンストなんてイチイチ気にしていたら事故の元。ただエンストしたら後ろの人に知らせるためすぐブレーキを踏んだ方がいいです。
まあエンジン掛けなおす時は普通ブレーキ踏むでしょうけれど・・・。

エンストの原因を考える

エンストには必ず原因があります、何が原因でエンストしたのか、それを考えればエンスト率は大きく下がるはず。エンストの原因を考えることはエンストを克服するための大きな一歩です。
以下発進時のエンスト原因
1半クラッチの時間が少ない
2動く力より止まる力の方が上回っている
3ギアが間違っている

以下運転中のエンスト原因※故障などを除く
4走行速度にギアが合っていない
5クラッチを踏むのが遅い

1半クラッチの時間が少ない

これを克服するには半クラッチの時間を少し長めにすればまずエンストしません、ですがずっとこんなことをやっているとクラッチに負担を掛けてしまいますので、徐々に慣れていくしかありません。
説明しづらいのですが、私の場合、半クラッチで発進するときに「グー」っと前に体が持って行かれますよね?その感覚が無くなり速度が一定になったら、クラッチを離しています。
判りづらいでしょうか・・・。
半クラを長めにするというよりは車がある程度進んだら完全にクラッチを上げると言った感じですかね。

2動く力より止まる力の方が上回っている

ほとんどの原因はこれでしょうね。
止まっている物を動かすのに結構な力を要します、そのため坂道発進や乗車人数、雪などの抵抗があると、動かす力が止まる力に負けてしまい、エンスト。という事が起きます。

これを克服するにはアクセルをいつもより踏み込んでエンジンの回転数を上げる必要があります。
どれぐらいアクセルを踏めばいいかですが、これはシチュエーションによって変わってきますので、慣れるしかありません。

3ギアが間違っている

発進するギアの選択を間違えていると言うものです。私は良くこれをやってしまいます。

4走行速度にギアが合っていない

4ここからは走行中のエンストです、あまり遭遇することは無いと思いますが一応。
速度に合わないギアで走っていると車からカリカリと音が聞こえてくると思います、このときエンジンは車が止まらないように踏ん張っている状態です。そのまま走っているとエンストしますのでギアを下げる必要があります。

5クラッチを踏むのが遅い

5 これはクラッチを切るタイミングが遅すぎます、4でも書きましたが、音が鳴り始めたらクラッチを切りましょう。

クラッチの上げ方

マニュアル車は発進だけでも結構な個人差が出てきます。
まずクラッチの上げ方ですね、ひざを上げていくのか、踵を固定して足先を上げていくのか。
私は後者ですが、教習所では前者を教わりました。

その他にもクラッチとアクセルの操作を反比例で行ったり、半クラッチ後にアクセルを踏んだり、アクセルを一定に踏んだ後クラッチを繋いだり。ここに挙げきれないほど本当にいろんな方法があるんです。
ですので自分のやりやすい方法で運転しましょう。アドバイスを聞く分にはいいですが、運転するのは自分ですからね。

坂道発進を克服

恐らく平地での半クラに慣れてきた後最初にぶつかる壁はこれじゃないでしょうか?
まずハンドブレーキをしっかり引きましょう。リラックスしてアクセルとクラッチに足を、左手をハンドブレーキに置きましょう、いよいよ発進です。
アクセルを平地よりも多く踏み込み、徐々にクラッチを上げていきましょう。車体が前にグッと動き出したらハンドブレーキを解除してちょっとだけ半クラを維持、アクセルを踏み込んでクラッチを完全に繋げるだけだけです。

もしエンストしてしまったら、真っ先にブレーキを踏んでサイドブレーキを引きエンジンを掛けなおしてもう一回チャレンジ。

ポイント
1リラックスする、これが一番重要
2車が動き出したらハンドブレーキをすばやく解除
3半クラし終わった後でもアクセルを急に弱めない、強すぎてもダメです、徐々にアクセルを踏み込んでいく感じで。

ギアっていつ変えるの?

シフトアップ

私の場合エンジン回転数2000を目安にギアを上げていきます。例外として私は基本的に1速は発進用と考えてますので、半クラが終了したら2速にしてしまいます。
慣れてきたら、次はシフトショックをなるべく出さないように模索していきましょう。

シフトダウン

一つは交差点手前できっちりブレーキを踏み減速して速度と回転数が十分に下がってからシフトダウンする方法。
これは交差点通過後スムーズに加速することが出来ます。

しかし上の方法では高速などに合流する場合いちいちブレーキを踏んで減速しなければなりません、これを避けるために下のような方法があります。

その方法とはブレーキで減速せずスピードをなるべく保ったままシフトダウンをするというもの。
言うのは簡単ですが、スピードを落とさずにそのままシフトダウンしてしまうと急激なエンジンブレーキが掛かり車が「ウオーン」と唸り出しませんか?
これは乗ってる側もいい気分ではありませんが、少なからず車にもダメージがあります。

なぜ、こんな事が起きるのか、それはタイヤの回転ととエンジンの回転数が合わないためです。

このショックを和らげるにはどうするか、一定の速度で走っている以上タイヤの回転数は変えられませんので、エンジン側の回転数を変えてあげる必要があります。
例えば5速60キロで回転数が1500ならば3速で2500になるように調整するなど。
これは一例ですので実際3速で60キロを出した場合回転数がいくつになっているか確認しましょう。これを覚えておけばクラッチを切った後アクセルを吹かして回転数を合わせシフトダウン時のショックを軽減することが出来ます。これは慣れてきてからで良いと思います。

人の自慢なんて気にするな

最初に書きましたが、たまにエンスト経験が無いやら、半クラは0.5秒、シフトダウンはヒール&トゥを使う、坂道発進はハンドブレーキを使わない、なんてのが居ますが気にすること無いです。
そりゃ半クラなんかは時間が掛からない方がクラッチ板への負担は少ないでしょう、しかし低い回転数で1、2秒であればそんなにクラッチに大きなダメージを与えることは無いと思うんです。まずはエンストせずに発進すること。その後慣れていけば問題ないですから。
ハンドブレーキについては論外でしょうね、何の自慢をしているのか分かりません。運転というのは常に「もしも」を考えなくてはいけないのですから。

あとヒール&トゥうんぬんは受け流していいと思います。
普通に運転するのであれば公道ではあまり必要ないものだと思いますし・・・。

終わりに

あなたのマニュアルに対する意識ちょっと変わりましたでしょうか?少しでも苦手意識を無くせたのであれば幸いです。
私もまだまだ下手くそですので、一緒にステップアップして行ければ良いですね。

1





お役に立てるようなまとめを作成できればと思っております、よろしくお願いします。