オバマ政権も当初は「脱化石燃料」を掲げていたが、太陽光発電企業の相次ぐ倒産など新エネルギー産業の開拓は迷走。そこに自国のシェールガス・ブームが到来し、11月6日に迫った大統領選を見据え、「国産エネルギーの増強」に路線を軌道修正した。

出典「【アメリカを読む】シェールガスが変える資源政策」:イザ!

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本海に眠るメタンハイドレートが日本を救う!ために今すべきこと。

間違いなく日本を救うであろう資源があるというのに、国も企業もメディアも腰が重い。安倍首相に何よりも先に舵を切ってほしい事案なのだが。。。

このまとめを見る