1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

史上最速50号HRバレンティンがこれから戦う相手とは?

ヤクルトのウラディミール・バレンティン選手がプロ野球史上最速50号を達成しました。そうなると絶対に出る避けて通れない「あの話題」についても含めてまとめてみました。

更新日: 2013年08月28日

18 お気に入り 52669 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▶記録ずくめの50号!

ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(29)が27日、中日19回戦(神宮)の七回に今季50号本塁打を放った。

シーズン50本塁打の達成は2003年のローズ(近鉄)カブレラ(西武)以来10年ぶり

チーム111試合目での50号到達はプロ野球史上最も速い記録

02年のカブレラより6試合早い史上最速記録

111試合時点で50発は144試合に換算すると65発ペース。記録更新の可能性がますます高まってきた。

▶試合後のインタビューでは?

「狙っていたボールではなかったが、自分でもびっくりするくらいうまく対応できた。チームが苦しい展開の中で打つことできてよかった」

49号について。チームの勝利を優先するコメント

▶監督・コーチは?

「バットがコンパクトに出るようになったと感じますね。すごいと思います」。

「出ている以上、一生懸命やってもらわないと。打つだけという姿勢に見えてしまう」と引き締めを求めた。

バレンティンの緩慢な守備に苦言

伊勢ヒッティングコーディネーターは「10試合くらい残していくやろう。パワーはローズの比ではない」

▶しかし、戦う相手は自分だけではなかった

バースが王監督時代の読売巨人軍に、ローズとカブレラは王監督時代の福岡ダイエーホークスに、すべての打席で敬遠され、打たせてもらえなかった

「相手があること。勝負をしてくれるかどうか」と気になる言葉も漏れた。

バレンティン本人もそのことを気にしている。

▶王貞治という偉大な相手との戦い

注目されるのが「王選手超え」の壁です。「この記録は破らせない」。日本の野球界にそんな暗黙の合意があるのではないか、との見方が昔からあります。

最終戦を前に「記録達成は無理だろう、私はガイジン(外人)だから」と語っていた。

ランディ・バースのコメント。バースは54号を打って残り2試合が当時王監督率いる巨人だった。

「王・長嶋(茂雄)は野球の象徴。いずれ彼(=ローズ)はアメリカに帰るのだから、オレたちが配慮して監督の記録を守らなければいけない」と発言

01年のローズに関して当時のダイエー若菜嘉晴バッテリーコーチのコメント

王氏はスポーツ報知の取材に「おれは一切、選手に任せている。勝負を避けろ、というのは一切ない」と断言していた。

本人ではなく周りが気を遣っている?

▶サポーター「妨害しないで欲しい」の意見が圧倒的

1 2