1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【静かなる激戦区】銀座で味わえる"鯛茶漬け"まとめ

和食の名店がひしめく銀座では様々な味わいの鯛茶漬けを口にできます。予約の取れない名店から知られざるお店までまとめてみました。

更新日: 2014年10月07日

179 お気に入り 97653 view
お気に入り追加

“鯛茶漬け”とは

そぎ切りした鯛をしょうゆなどを合わせたたれにつけ込み、飯の上にのせて、つけだれ少々と熱い茶やだし汁をかけた料理。

銀座あさみ 鯛茶漬け定食(1500円)

お刺身より少し厚めに切られた鯛は、吸い付く様な柔らかさと、身の締まりを感じるしっかりとした歯応えがあり、最初は胡麻の香りが良い濃厚な胡麻ダレの風味が口の中に広がり、噛む程に胡麻ダレの奥から鯛の脂ノリを感じる旨味がしっかりと感じられてとても美味しかったです。

銀座 うち山 鯛茶漬け(1500円)

とにかくとっても濃いんです、このごまだれが。
浸透圧の効果もあると思うけど、
このごまだれがしっかりと鯛の切り身に染み込んでいます。
切り身の数も十分なのでこれだけで食べられます。

徳うち山 鯛茶漬け (1500円)

そして、鯛茶漬け。
濃厚なごまだれをくぐらせ、先ずはご飯と一緒にいただきます。
そして、ご飯を足していただき、鯛茶漬けに。
あつあつの煎茶を、鯛のお刺身に直接かからないよう、
回しいれるようにかけます。
そうすると、どうでしょう。煎茶は、胡麻が香るお出汁へと変化。
至福です。

割烹むとう 鯛茶漬定食 (1500円)

胡麻と醤油ダレで和えた辛口なもの。鯛そのものもおいしい。
そしてこちらのお茶は玄米茶。
辛口のタレ、これはお茶漬けで食べる方がおいしい!

竹葉亭 鯛茶漬け (2100円)

お茶漬けの用のほうじ茶は高い温度で入れているため、
とても香り高いほうじ茶です。
100年以上続く老舗お茶屋さんのものを使用しているとのこと。
濃いめの胡麻ダレはお茶の中で薄まり、
上品な胡麻が香るアッサリとした出汁へと変化します。
細切りの鯛はお茶漬けとしてもご飯と一緒に食べやすく、
山葵・刻み海苔・ほうじ茶の香りがよい美味しいお茶漬けでした。

銀座朱雀 鯛茶セット (2500円)

お昼のメニューはコース3種。全て鯛茶漬けが付きます。
セットのお料理にはきんぴらごぼうが付いていて、
板前仕様のおそうざい的感覚。
何と言っても鯛茶のタレが美味。
鯛茶って美味しいのねっ!と感動しました。

和楽たむら 鯛茶漬け (1500円)

厚みも弾力も程よい鯛の身。
やや濃いめの味付けもご飯にはおあつらえ向き。
頃合を見計らって茶漬けへと。タレをよく絡めて煎茶を注ぐと、
胡麻ダレのコクと霜降りの鯛がいい塩梅。

ぎんざ山路 黒ごまの鯛茶漬け (3500円)

半年間、瓶に寝かせたゴマダレでいただく鯛茶漬け。
見た感じとは全く印象が異なる味。これは、クセになります。
一度、ご賞味あれ。

金田中 庵 鯛茶漬け (2625円)

薄桃色した鯛の刺身がロイヤルミルクティ色の
胡麻だれに半ば沈みまどろみに身を任せている。
炊き立てのご飯が湯気を上げ、薬味はわさびに海苔とつづまやか。
先ず刺身だけ口に含む。
つるんとした舌ざわりの後にしこしこの歯当り。
品よい脂ののりにこっくりの白胡麻だれのとろみが実に合う。

1 2





えいとまいるさん