1. まとめトップ

「そこ!そこ!」思わず相手が喜ぶ”手のひらマッサージ”

手にはたくさんのツボがあります。自分で揉むのも良いですが、たまには家族に、恋人に、友人に…おしゃべりしながら揉んであげるのも良いコミュケーション!短時間で済むものから、じっくり時間をかけるものまで、いろいろな手のひら・ツボマッサージをまとめてみました。

更新日: 2019年04月30日

929 お気に入り 1203868 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

caroshibaさん

▼手のひらは「自分の身体」の縮図!

←クリックで大きくなります。

どこに何のツボがあるかよ~く見てみてくださいね。
弱っている部位は押すとやはり痛い(^^;

手のひらは人間の前を表し、手の甲は人間の後ろを表しています。

表には「内臓器官」を刺激するツボが集中。
裏には「骨格・筋肉」を刺激するツボが集中しているそうです。

▼マッサージをする時のコツ

押したときに、「 その一点だけが痛い 」場所ではなく
「全身に響く痛さ」の場所( ズーンと鈍い痛さ)を探してみましょう。

ハンドクリームを塗りながら押せば、
指がすべって余計な力が抜けるし、
手もつるつるになります

▼まずは手のひら全体をマッサージ♪

(1)両手の小指をパートナーの親指と小指にかけて
  手のひらを広げるようにします。

(2)両手の親指で、パートナーの手のひらの親指側のふくらみ(母指丘)と小指側のふくらみ(小指丘)をもんだり押したりします。


http://health.goo.ne.jp/column/fitness/f002/0067.html

(1)両手の小指をパートナーの親指と小指にかけて手のひらを広げるようにします。

(2)両手の親指で、パートナーの手のひらの内側にある骨(中手骨:指と手首をつなぐ骨)と骨の間のラインを、指の付け根から手首に向かってすべらすように押していきます。

(3)手の甲の骨のラインも揉むと気持ちいいですよ!

▼「水かき」もマッサージ♪

手の冷たい冷え性に悩む人に喜ばれるツボです。
親指で押すと柔らかい刺激になり、
人さし指で押すと強めの刺激になります。

結構「痛気持ちいい!」です。

▼手のひらの中心【労宮(ろうきゅう)】もマッサージ♪

部位は「手をグーに握ったときに手のひら側、
薬指と中指の先端にあたるところ」

ストレス、自律神経の矯正、疲れているときの全身活力アップ、
ホルモン分泌を高めます。

▼リンパの流れも良くしてあげよう!

1)中指から手首に向かった線上で、手のひらのつけ根から親指二本分のところ。ここを、指の先で手のひらのほうへ向かって、一分間に100~120回のスピードでこするか、親指でやさしく押します。

(2)今度は、手首の外側にあるツボを刺激します。
ここに、人差し指と親指、またはこぶしをやや力(痛気持ち良いくらい)を入れて押し当て、左回りに20秒間マッサージします。
反対の手首も、同様にマッサージしましょう。

(3)手首の関節の内側で、小指の線上にあるツボを強く押します。
人差し指、親指、こぶしのいずれか、一番やりやすいものを使いましょう。
そして、左回りに20秒間マッサージします。
反対の手首も、同じようにします。





http://www.wellba.com/spa/contents/hand.html

▼更に時間をかけてマッサージに取り組みたい方はこちらもどうぞ!

❤おまけ❤ 赤ちゃんの手もマッサージ♪

←クリックで大きくなります。

※指を1本づつクルクルしてあげるのも気持ち良さそうにしてくれます。
指を1本ずつ「くるくる、ぽーん」と言いながらマッサージしてあげると楽しめますね。
言葉をかけながら行うと子どもも大人も楽しくマッサージできます。歌いながらしても楽しいですよ。
http://pigeon.info/advice/word-583.html

1