1. まとめトップ

▼ 夕方のニュースで特集された「名古屋走り」に驚愕

テレビ朝日の名古屋走り特集がヤバイ pic.twitter.com/7XpiQaItqg

『愛知県で交通事故をなくすなんて言ってもダメ』
『あれが名古屋走りの典型的な例』
『帰るまでに命があるかわからん名古屋におったらな』
『また行ってしまいます 信号は右折できない状態でしたが』

▼ 「名古屋走り」とは名古屋近辺で見られる特有の運転の総称

名古屋走り(なごやばしり)とは愛知県の名古屋市およびその近辺で見られる特有の行儀の悪い運転マナーの総称である。

信号無視、速度超過、ウィンカーを出さずに車線変更、車線またぎ、車線をまたぎ、早曲がり、右折中の追い越し、歩行者軽視など

▼ 一部だとは思いますが、「名古屋走りは普通」「周りがやっているので名古屋走りしないと危ない」という声も

名古屋走りってあるけど、名古屋ではごく普通です。むしろ周囲があんな走りばっかりなので、名古屋県民達の運転技術があがってる

名古屋走りのせいか、名古屋県民の運転技術はこんな感じ ・道を曲がる時に、隙を見つけるのが上手い。というか、何故それを隙と思ったし!というレベル。他県民なら死ぬ ・急ブレーキが上手い。まず急ブレーキにならない運転を心がけてほしい。 ・つねに煽られてる感覚。ちょっと近くね?

わかる!!!!!!!名古屋走り!あれ普通に信号無視するよね!あれ危ないw 多分うちの、知り合いもやった事あるはず!!!(^◇^;)

おおぉ名古屋走り 黄色で曲がってもあと2、3台後ろに着いてくるのは普通な気が

僕のお父さんも直前で合図して車線変えるし黄色信号で止まる気ないし車間距離、制限速度なんて存在しないし道の譲り合いと言うよりは取り合いって感じだから名古屋は名古屋走りしないと危ないんだよ きっと pic.twitter.com/Hsui1fHE9y

▼ 「名古屋走り」で危険な思いをした方も

名古屋走りと言うのがトレンドらしいが、見附市は朝と夕方に歩くのはマジで命かけ。全部の交差点に信号いるよ。 夕方に晩酌を買いに行くのは嫌い。 今日は超暴走車がいて、その先の信号で止まっていた。ざまぁ。

トレンドに「名古屋走り」って単語が…。豊橋でもたまーにいるんだよね。今朝もコッチが右折信号で進入しているのに、赤信号な右側からトラックみたいなクラクション鳴らしてエアロ系3ナンバー車が突っ込んできたxx 相手を睨んだけど前方向いたままシカトしてるから確信的なんだよねえxx

名古屋走りをするのは愛知県全体のナンバーと、名古屋に通勤通学、仕事で車を使ってる人。愛知県ナンバーはどうにでもなるが、県外ナンバーだと見分けが付かないので愛知県近い民はとても怖いっす。

名古屋走りするかも知れないと思ったら。まずは東海近辺のナンバーか確認して 1.信号が青になる前からクリープ現象を使い前進。2.速度制限を守る事をしない。3.走行帯を跨ぐ。4.ウィンカーを一回だけ点滅した後に突然の車線変更。 1~4の一つでも該当すれば名古屋走りをする可能性がある。

▼ そういった背景もあってか、愛知県は2012年「交通事故死亡者数」ワースト1位を記録

2012年交通事故死亡者数ワースト1位

▼多い都道府県
1)愛知県・・・235人
2)北海道・・・200人
2)埼玉県・・・200人
4)東京都・・・183人
5)大阪府・・・182人

愛知県は、年間交通事故死者数が2005年~2009年まで5年連続で全国ワースト1となっていた。ようやく2010年にワースト1を脱却したのだが、2011年はまたワースト1となりつつある。

▼ 大村知事も「名古屋走りの根絶などに強力に取り組む」ことをPRしていますが…

愛知県交通安全県民大会を開催しました。関係機関・団体等から約1300人が参加。交通安全功労者・団体の表彰とともに、全員で交通事故防止の決意を宣言しました。今年こそ交通死亡事故全国ワースト1位を返上すべく、名古屋走りの根絶などに強力に取り組んで参ります。皆様のご協力をお願いします。

▼ なかなか状況は改善されていない模様

愛知県警察本部で開催された警察署長会議に出席。愛知県の治安状況は年々改善されていますが、交通事故死者数は、昨年は残念ながら全国ワースト1位。今年も昨日「交通死亡事故多発警報」を発令する厳しい情勢です。地域を守る警察署長さん方に、防犯や交通安全などに一層のご尽力をお願いしました。

今日の夕刊)交通事故死者数が2年連続全国ワースト1位の愛知県では今年も死者数が20人(24日現在)と昨年同期より11人多く、県が「交通死亡事故多発警報」を出す事態。昨秋は知事が「緊急事態宣言」を出しましたが、重傷以上の事故を起こした運転者の半数以上が宣言が出たと知りませんでした。

1 2





焼酎片手にまとめております。