1. まとめトップ

私がイベントを主催する上で大切にしている5つのこと

2011年より80回に渡るイベント・セミナー・交流会などのプロデュース・企画・運営・プロモーションをしてきました。その中で大切にしている5つのことをまとめました。

更新日: 2014年01月13日

3 お気に入り 13015 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

shito_teiさん

① まず、なぜ「開催するか」「参加者が参加して得られるもの」を明確にする。

イベントを企画する際は、いつも企画書を書くようにしています。企画書があることで、どんなコンセプトでやっているか、ゴールイメージが何か?、誰がターゲットなのかなどを最初の段階で関係者に伝えることができます。途中途中方向性を見失うことなく、常に同じ方向性を向いて企画・運営ができると思います。

② 自分がこのイベントに「参加したい!」と思うまでは、告知・集客を始めない。

皆さんも、イベントの中身をどうするか、つまり、コンテンツをどうするかを詰めていると思います。その際、私は、関係者全員が仮に参加者と仮定して、全員が「このイベントに参加したい!」と思えて、初めて一般公開をし、参加者を募ります。

③ 開催時間に見合っただけの価値を提供する。

参加者一人ひとりの時間を使っているということを常に心掛けて、その時間に見合っただけの価値を提供できるように、イベント当日は努めています。

④ たとえ、参加者がたった1人でも開催する。

よく人が集まらないから、イベントを中止させる主催者の方がいますが、私は、1人でも参加したいという方に価値を提供したいと考えていますので、たとえ、参加者がたった1人でも開催しています。

⑤ アンケートに書かれている参加者のコメントを大切にする。

実際、今まで、運営面に関して、アンケート用紙満面にコメントをしてくれる参加者もいました。これらのアンケートをもとに、【良かった点】【悪かった点】【改善点(もし、同じイベントをもう一度開催するならどうするか)】の3つを関係者全員で振り返り、次回以降に繋げています。

1