1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

【キャベツトマト】1人暮らし&節約に!野菜の冷凍保存方法まとめ【タマネギセロリ】

トマト・キャベツ・タマネギ・ピーマン・かぼちゃ・きゅうり・ネギ・・・生のまま冷凍する方法や、少し手を加えて冷凍する方法などをまとめてみました。天候不順で価格が安定しない事もあるので、安売りでまとめ買いした時、大量に野菜をいただいた時…冷凍しておけば節約に!

更新日: 2019年04月18日

4065 お気に入り 543069 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

自家製冷凍野菜は高騰時の救世主にも。

marinkorinさん

トマト

ダイエット効果や美肌効果も高いトマト。
ちょっと放っておくとすぐ悪くなっちゃいますが、そんな時には冷凍保存!!

1:トマトをキレイに水洗いする
2:ヘタをとってざく切りにする(皮は剥かなくても大丈夫)
3:分厚めのビニール袋に入れ、袋から空気を抜いてしっかりと口を閉じる(結ぶ)

解凍方法
煮込むスープの場合は凍ったまま調理可能です。トマトソースにする場合は軽く自然解凍してから調理しましょう。
解凍している時間がない場合はレンジで少し温めてもOKです。

トマトはにんにくとオリーブオイルで炒めてトマトソースにしてから冷凍するのが定番で便利ですが、そんな時間がないときは、丸のまま1個ずつラップをするか、皮を剥いてざく切りにして冷凍しても大丈夫。

さすがにサラダに使うには食感がNGなので、パスタソースなど調理に使います。また、冷凍トマトは皮を剥くのが簡単なので。流水に少しあてて切れ目をちょっと入れたらつるりんと剥けます。
冷凍ミニトマトはデザート風に使ってもおいしいですよ。

ガッテンがおすすめするのは、冷凍トマトをすり下ろして作るトマトソースです。

これなら、湯むきや種取りもいりませんし、皮も種もすり下ろせるので、うまみも豊富な、なめらかなソースができます。

キャベツ

生で食べても、煮ても焼いても蒸しても美味しいキャベツ。丸ごと安く売ってると嬉しいけど、ついダメにしちゃうこともありませんか?

キャベツのせん切りやざく切りしたものは冷凍保存できます。切ったものを冷水に1~2分放してぱりっとさせ、よく水気を切ってから、保存用のポリ袋に入れて冷凍庫へ。

サラダは自然解凍。炒め物などの場合は凍ったまま調理できます。

冷凍塩キャベツ
①キャベツは葉と軸に切り分け、葉は1cm幅、4cm長さに切り、軸は薄切りにする。
②1をボウルに入れ、塩小さじ1/2、サラダ油小さじ2を加えてからめる。
③2をジッパー付き保存袋に入れて平らにし、空気を抜いてから冷凍する。

オイルコーティングで、パサつきを防ぎます。塩をふって甘みを出やすくし、歯ぎれのよい食感もキープ!
◎保存の目安:約1か月間

セロリ

ミネストローネやミートソースを作る時に、やっぱり入れたい!と買ってしまうセロリですが、意外と足が早い!!冷凍出来たら便利ですよね。

セロリを冷凍保存する場合は、あらかじめ使う形に切ってからジップロックなどに入れて冷凍します。

但し、冷凍した物は生の様な食感が損なわれているので、サラダなど生食には向きません。

冷凍可能 「セロリおろし」
袋や密閉容器に入れて冷凍してください。

筋を取らなくても最後に筋だけが残ります。
凍ったまま、麺つゆに、お刺身、サラダに直接ご使用ください。

たまねぎ

普通の玉ねぎや新たまねぎ。貰ったり買ったりでたくさん余ってしまう事ありませんか?そんな時には様々な方法で冷凍しておきましょう!

千切りやみじん切りなどに切ってから保存すると便利。切った玉葱は冷凍保存用袋に平らになる様に入れて保存します。

使用する時は、解凍せずにそのまま炒めたり煮たりします。サラダなど、生で頂く場合はそのままドレッシングなどをかけて食べられます。

さらし玉ねぎにして冷凍

さらし玉ねぎで冷凍する場合は、薄切り又はみじん切りにして塩をまぶします。
しんなりしたら水に晒し、しっかり水気を絞ります。
その後、金属製のトレーにラップを敷いてのせ、そのまま冷凍保存しましょう。

使用する場合は、凍ったままドレッシングやあめ色玉ねぎににすると良いです。

調理して冷凍保存
たまねぎを薄切りまたはみじん切りにして、料理目的や好みに応じて炒めます。タマネギはさっと炒めると甘味が、じっくりと炒めるとコクとうまみが出てきます。あとは1回に使う分ごとにラップで包んで冷凍庫で保存すれば2ヶ月ほど持ちます。

ちなみにみじん切りにして凍らせたたまねぎは、繊維が壊れるので、通常よりもずっと早く「あめ色たまねぎ」が簡単に出来ます。(通常の所要時間が1時間ぐらいのところ、冷凍は所要時間10分)

ピーマン

詰め放題などで大量に手にすることもあるピーマン。実は冷凍保存できるんですよ。

1:ピーマンを縦に半分に切ります
2:へたと種を取り除きます
3:洗って水気をきります※
4:口が閉まる保存袋(ジップロックなど)に入れ、冷凍庫へ

冷凍庫から出し、軽く水洗いすれば調理可能。
よく使う形にまとめてたくさん切り、小分けして保存するのも便利です。

冷凍庫に入れて保存した場合は、使う時に解凍する必要はありません。
そのまま使ってよく火を通せば美味しく食べれますよ。
ただ、一度冷凍してあるので歯ごたえはありません。
歯ごたえを楽しみたいなら買ってすぐに調理することをおススメします。

かぼちゃ

ビタミンAを豊富に含むカボチャ。
冬至に食べると風邪を引かないなんていいますが、ちょっと余るとどうしたらいいのかって思いませんか?

煮物を作った時など少しだけあまったカボチャは、適度な大きさにスライスして、そのまま冷凍保存袋に入れて冷凍保存。

【解凍方法】
凍ったまま味噌汁、スープなどに使用できます。
煮物にしたかぼちゃは、自然解凍してお弁当のおかずに最適ですよ!

カットされている かぼちゃ を買ってきた場合、
ラップされたまま 電子レンジに5分ほどチン!します。
その後、種とわたを取り除き、黒皮かぼちゃなどの皮の硬いものは皮を取り除き作る料理に合わせてカットします。 粗熱がとれたら、バットにのせて 冷凍庫へ。
固まったら、ビニール袋などへ入れて保存します

マッシュして冷凍
1「サランラップ®」で包み、電子レンジで柔らかくなるまで加熱します。
2実をかきとり、熱いうちにつぶしたらよく冷まし、薄く小分けにして「サランラップ®」でぴったり包みます。 .
3「ジップロック®フリーザーバッグ」に入れ、なるべく空気を抜き、ジッパーをしっかり閉めて冷凍保存。

電子レンジ解凍してから、コロッケやスープ、お菓子作りなどに。

煮物の場合
タッパーなどに お弁当用のアルミカップを敷き、アルミカップに煮物をのせて冷凍します。

冷凍されたまま、お弁当に使用できます。朝、冷凍されたまま お弁当へ入れると、お昼には自然解凍されています。

きゅうり

1 2