1. まとめトップ

日本男子よ。バンコク行くなら、ここに行け!ランキング 日中編

タイ・バンコクで行かないと損する、人気のあるオススメ場所を紹介。年間10回以上行く経験を元に、ランキング形式で紹介します。

更新日: 2015年01月14日

155 お気に入り 134885 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

omi19さん

第5位 MBK Center(マーブンクロンセンター)通称:MBK

約2500店舗のお店が所狭しとひしめき合う、言わずと知れた、バンコク屈指のショッピングモール。
これが無くなると、タイの若者はデモを起こすに違いない。

パ◯の時計からタイっぽい雑貨、家電など、正直お土産はここで全部揃う。ただ、間違っても彼女や上司のお土産だけはここで買うな。

以外にイケるフードコートもオススメだ。
安いし、食いたい物を見ながら選べるから、得体の知れない料理が出てくる心配もない。

【営業時間】
10:00 - 22:00
【住所】
MBK Building 444 Payathai Road, Pathumwan Bangkok
【アクセス】
BTSナショナルスタジアム駅直結、徒歩1分
注:間違っても近くにいるタクシー・トゥクは捉まえるな。日本人相手だとぼったくる上、渋滞でキレる事間違いない。

第4位 有馬温泉 通称:ありま 注:エッチなお店では有りません

言わずと知れたタイ古式マッサージ。
日本だと、庶民では童貞のまま一生を終える奴も多いだろうが、本場タイでは王様のように味わう事が出来る。

バンコクには所狭しとマッサージ屋が立ち並んでいるが、下手に入ると、モミ返しで翌日から苦痛を味わう事に...

そんな中ここ有馬では、比較的誰でも気持ちよく立ち去ることが出来る。中には風呂やサウナもあるので日本男児には鼻血ものだ。しかも日本の漫画有りときたら失神する奴もいるだろう。

【営業時間】
09:00 - 01:00
【住所】
37/10-14 Soi Suriwongse Plaza, Suriwongse Road, Bangrak, Bangkok
【アクセス】
BTSサラディーン駅から徒歩約7分、MRTシーロム駅から徒歩約10分。
注:何度も言いますが、性的サービスは一切ありません。

第3位 Bungsamran Fishing Park(ブンサムラン フィシングパーク)通称:ナマズ狩り

釣り人が一度は憧れるメコン大ナマズがこれでもか!というくらい入れ食いです。

ちなみにタイにはメコン川は流れていません。流れているのはチャオプラヤです。
じゃあなんで!?って思う人もいると思いますが、タイではそんな細かい事気にしません。

道具は全て借りる事が出来、写真のようなお兄さんが優し教えてくれるので、初心者の方も問題無し!

20Kg以上のナマズがポンポン狩れて、いい思い出間違い無し!

【営業時間】
まさかの24時間営業!
【住所】
Soi Suwanprasert Sukhapiban 1 Rd, Bangkapi, Bangkok
【アクセス】
バンコク中心部からタクシーで1〜2時間。(渋滞などにより前後します)
注:釣った後、写真のように持ち上げる場合、服が非常に臭くなるので、捨ててもいい服を着て行きましょう。

第2位 Massage Parlor(マッサージパーラー)通称:MP

これ目当てにタイへ足繁く通う、おっさん連中も多いはず...むしろ大半が...
こいつのせいで、タイに行くと言ったら冷たい視線が飛ぶんですねー...

ここでは、詳しい説明は控えさせて頂きます。
気になる方は、ググってください。

バンコク中心部から少し離れた、ラチャダーピセーク周辺にお店が固まっています、数多く有りますが、ポセイドン、プラザ、ナタリー、シーザー、アムステルダム辺りが人気らしいです。

【営業時間】
15:00 - 24:00頃
【住所】
Rachadapisek Rd, Sam Sen Nok, Huai Khwang, Bangkok
【アクセス】
BTSやMRTなど利用する手段も有りますが、タクシーで回る方が効率がいいでしょう。
注:17時頃に行き、からの20時GO→1時TMという馬鹿な真似は止めましょう。

第1位 Wat Arun(ワット アルン) 通称:由紀夫

三島由紀夫の小説にも出てきた「暁の寺」それがここ。

渡し舟を乗ってチャオプラヤー川を渡らないと行けないワットアルン。日本男児たるもの、それだけでも十分にありがたい気持ちになる事、間違いない。

すぐ近くには有名な王宮(ワット プラケオ)、寝転がる大仏(ワット ポー)があるので、3つ回っても良いかもしれない。

世界遺産には認定されていないものの、歴史を感じる造りに75メートルもの高さを誇るスケールは、圧巻。

塔には登る事もでき、そこからはチャオプラヤ川、王宮、バンコクの街並が一望できる。

帰りは、サトーン船着き場からエクスプレスボート(水上バス)に乗ってチャオプラヤ川を下るのもオススメ。
下りながらのチャオプラヤ周辺の眺めは勿論、王宮周辺の渋滞を避ける事もできます。

【営業時間】
08:00 - 18:00
【住所】
34 Arunamarin Rd., WatArun, BangkokYai, Bangkok
【アクセス】
周辺にはBTSやMRTがないので、タクシーでティアン船着場(王宮周辺)まで、そこから渡し船で5分程。
帰りはエクスプレスボート(水上バス)もオススメ。

※アドバイス※
・物価が非常に安いタイですが、首都バンコクは渋滞がとにかく酷い。日中は極力BTS、MRTといった電車をフルに活用出来るかが、バンコクを楽しむポイントでもあります。
タクシーは夜間や、行き先の近くまでは電車で移動し、そこから利用したりしましょう。
(バイクタクシーやトゥクトゥクは全て交渉制なので、日本人だと割高になります)
ショッッピングモールや王宮周辺では、タクシーも金額を交渉してきます。しかもぼったくり。タクシーを利用する場合は、少し歩いて離れた所で捉まえましょう。

・日本に比べると、何でも安いのがタイの特徴です。しかしそこは、大阪以上 東京未満の大都市バンコク。日本ではなかなか出来ない遊びで豪遊するのが楽しむポイントの一つです。

1