町山)でもこれを前提にして観るといいですよ!で、出来たんだけど、まあやってみたらどうだったかは、今度夜の時間に話しますが、はい(笑)。夜のたまむすびっていうね、なんか夜のおかしみたいなのがあるといいんですけど。

この人はね、昔映画撮りながらね、ずっと食えなかったんですけども、ストリートパフォーマンスみたいなことをやり始めて、映画に飽きちゃって、東京ガガガっていう、昔寺山修司さんがやってたようなですね、即興劇みたいなのをやり始めるんですよ、渋谷のハチ公前で。

要するにドッキリカメラみたいなものですね、早い話がね。で、何やったと思います?渋谷のハチ公前で。


ハチ公を二つくらい余計に作ったんですよ(笑)。
ハチ公の銅像そっくりなものを、2つか3つ余計に作って、あそこに置いといたんですね。
みんな「ハチ公前で待ち合わせー」とか、なんかテレクラとかで待ち合わせしたバカどもがですね、どこで待ち合わせしたらいいかわからなくなるっていうね(笑)。

それですごいのは、ほんとにやって、途中からハチ公自体を引っ張って動かしちゃうんですよ。移動させちゃうんですよ。本物のハチ公じゃなくって、本物のハチ公は隠しといて、偽物のハチ公の方を動かしちゃうんですよ。ハチ公前で待ち合わせって言ってた人たちが、どんどんそれについていくんですね(笑)。

赤江)ウソでしょー(笑)

町山)ということをやってた人なんですけどもね、それが園子温監督なんですけども。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

園子温監督の最新作『地獄でなぜ悪い』の町山智浩さんの紹介が面白かったので書き起こしてみた。

町山智浩さんオススメの園子温監督の最新作『地獄でなぜ悪い』の紹介が面白かったので書き起こしてみた。

このまとめを見る