で、そこにもう一つ、國村隼の組の、組長の娘っていうのが出てきて、それが元アイドルで、二階堂ふみさんが演じてるんですね。で、この二階堂ふみ、自分の娘をですね、映画のスターとしてデビューさせて、映画を撮ろうとしている男が、國村隼なんですよ。

ヤクザの組を上げて映画を作成しようとしているわけですよ、組員全員でスタッフやって。ところが自分の大切な娘が、アイドルにしようと思っている娘が、男がいるみたいだってことになって、その男を捕まえて、拉致して監禁して、拷問するわけですね。

その連れて行かれる情けない男っていうのが出てくるんですけど、それが星野源さんなんですよ。っていう話なんですけども、

これ話が3つあって、要するに映画を作ろうとしているヤクザと、全然金にならない映画を作っている長谷川博己扮する映画集団と、二階堂ふみの恋人だと思われて拷問されてる男の話って3つの話があるわけなんですけど、これが最後に『地獄でなぜ悪い』っていう映画は、一つに収斂していくんですよ、ぐーっと。

それで最後はですね、なんというかですね、『仁義無き戦い』と『バトルロワイヤル』と『キル・ビル』とですね、『史上最大の作戦』をごっちゃにして、『ドラゴン怒りの鉄拳』を入れたようなですね、『プライベート・ライアン』とかをそのへんにちょっと足したような、ぐちゃぐちゃな大血まみれ、大殺戮大会に突入していくんですよ。で、この映画コメディなんですね。


山里)でしょうね(笑)

町山)でしょうねって思いますよね(笑)。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

園子温監督の最新作『地獄でなぜ悪い』の町山智浩さんの紹介が面白かったので書き起こしてみた。

町山智浩さんオススメの園子温監督の最新作『地獄でなぜ悪い』の紹介が面白かったので書き起こしてみた。

このまとめを見る