パノムルンレック・カイヤンハーダオジム戦。
ランキング8位の格下相手に思わぬ苦戦。
6度目の防衛を成し遂げたチャンピオンが見せたのは、勝者には不似合いな土下座と悔し涙だった。

出典弱腰マッチメーク「亀田興毅」はどこへ行く…「闘拳」の名が廃る“格下対戦” (1/2ページ) - スポーツ - ZAKZAK

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【ボクシング】亀田興毅が「強敵を避ける」3つの条件

亀田家は絶妙なマッチメークで現在の地位を築いたと言える。王座決定戦をうまく活用したのもしかり。若くてパワフルでパンチのあるボクサーを慎重に避け、技巧があっても非力だとか、名前があっても峠を過ぎている対戦相手を選んできた。

このまとめを見る