1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

履歴書写真の撮り方・・ちょっとしたコツ

【履歴書で一番先に見る箇所は・・ズバリ!!写真です!! 】 履歴書の写真ひとつでも面接官の印象がずいぶんと変わるって知っていましたか? ちょっとした気の使い方であなたの写真の第一印象を印象を変えてみませんか?

更新日: 2013年09月04日

957 お気に入り 368229 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cacocaco8さん

「履歴書の中で写真はかなり重要」一番に目が行くところなので、それで第一印象が決まると言っても過言ではないからかもしれません。

写真を撮る前に・・

ケバくならない程度に、いつもより化粧を濃いめにします。

眉毛とか普段薄めの人は映らないことがあるので…

慌てて撮影するよりも余裕を持って撮影しましょう。夕方よりも、朝、元気な時に撮った方がいいでしょう。

写真館で撮る?それともスピード写真?

履歴書に添付されている写真で最も多いのが、スピード写真です。写真館でとられた証明写真と比べれば肌の色味などが全く違いますのでひと目でわかります。

スピード写真にもいろいろな機種がありますが、機種によって映りがきれいだったりそうでなかったりと差が激しいと思います。 あと、取り直しOKの機種を選ぶのもいいと思います。

写真の良し悪しで採否が決まるわけではありませんが、スピード写真で撮った写真は「手抜き」な印象が出てしまいます。特に営業や接客など、人前に出る職種や業種を志望する場合は気をつけましょう。

カラーか白黒か決まりはありませんので、どちらでもいいと思いますが、カラー写真の方が圧倒的に多いです。

写真の撮り方

椅子の位置は必ずぴったりに調整する

高すぎたり低すぎたりすると、視線が不自然になったり、顔が大きく見えたりします。あと、あごをちょっと引くと小顔に見えます

膝の上に白いハンカチか何かを置いておくと、フラッシュを反射してより綺麗に撮れます。撮影などでレフ板を使うのと同じです。

背筋を伸ばし、アゴを少し引き、目を大きく開く事で、キリっとした印象に仕上がります。

歯が見えない程度に微笑み、口角を上げましょう。微笑むことを意識すると良いと思います。

リラックスして撮る

撮る前に深呼吸して、自然な顔で撮る。緊張して撮ると、普段の顔よりも映りが悪くなります。

残念な写真

1 2