1. まとめトップ

NANA22巻の途中までのあらすじ紹介(ネタバレあり)

矢沢あいさんの復帰が待ち遠しいですね。なかなか発売されないので色々とネットから調べてまとめてみました。新しい事がございます‼

更新日: 2014年03月02日

136 お気に入り 1910938 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kyarikopinoさん

まず、NANAってどういう話だっけ?と思うかたへ…

NANA

東京に住む彼氏と同居するため上京する小松奈々、ミュージシャンとして成功するため上京する大崎ナナ、出身地は異なるが同い年の2人のnanaは新幹線の中で出会った。その後、ひょんなことから奈々とナナは同居することとなる。さらに、ナナの所属するBLACK STONESとナナの恋人の本城蓮が所属するTRAPNEST、2つのバンドのメンバーたちを交え物語は進んでいく。

第82話  扉絵 微笑みながら二人して歩くハチとノブ

ナナの支えになる為にハチ公はナナが住んでる寮で暮らすことに

未だに言葉を発しないナナを心配し,ナナ達の寮へ暫く住むことになった。
タクミはレイラが入院しているところへ居る。

半月を過ぎた頃、「タクミの奥さんはいつまで居る気なの?」とノブに問う百合

ノブの元カノのハチ公が居ることに気に入らない百合。
続けて「妊婦に無理させて~(中略)まさかここで子供を育てる気じゃないよね?」と百合が問う。黙っているノブに対し「文句があるならハッキリ言えば!?これでも凄い我慢してるの」と言い、謝るノブの態度が気に入らない百合。

レンの部屋でお線香をあげ、一人で朝の挨拶をするハチ。そこへノブがやって来た

ハチに続きお線香をあげに来た様子。少しは笑うようになったナナの事を微笑みながら話す二人。

買い物に行くと言い出すハチに対し「俺が行くから休んでろ」と心配し気遣うノブ

大丈夫」と言うハチの背中を切なそうに見つめるノブ。そして「タクミは何て言っているの?」と問うノブ。「別に何も」「そんなわけない。いい加減帰ったほうが良い」とノブ。「迷惑?」「そんなわけねえだろ!!」「良かった」と安心するハチ。「タクミから連絡は無いから心配しないで」と言うハチに半月も連絡が無いのかと驚くノブ。更に「いつもの事」とハチが言うといつもなの…?」とノブ…。

一方、寮の中ではノブは「もう帰れなんて言わない。つーか帰るな。サツキもここで育てれば良い」と言うノブに対し誰に名前を聞いたのかと焦るハチ

「レンが電話で子供の名前はサツキで良いか?って。どーゆーいやがらせだと思うじゃん。しかも生れたらおれがギター教えるとか嬉しそうに話すんだ。」それを聞き涙を流すハチ。「やっぱり帰って。彼女が怒ってんだ!おれの平和を壊すな」と泣きながら言うノブに対し、「子供の名前、皐で良い?」とハチ。驚くノブ。「ギターはおれが教えてぇよ…」と涙ながらに言うノブ。

病室。ヤス、ナオキもレイラのお見舞いに

喜ぶレイラ。席を外そうとするタクミに対しレンはいつ戻るのかと問うレイラ。サングラス越しに泣くナオキ。

ねぇレン…正しいとか間違いとか裁いて科せられた罰さえ赦しあった罪を悲しみのせいにはしないよ。この手に残されたもの全てが尊く思えた。愛しさがただそこにあった

部屋の中でノブとハチが抱き合う

第83話 扉絵 泣きながら抱きしめあうハチとノブ

震えが収まるまで嗚咽を堪えて、抱き合って、そっと身体を離したら、
ノブはまだ泣いていた。つられて、また涙がこぼれた。
だけどキスをする訳にも、いかなくて仕方なく、また抱きしめたハチ

ずっとナナの側に、いてあげたい。
このままノブの思うように、させてあげたい。
タクミの帰る場所は、あたしじゃなくて、いい。
という気持ちのハチ
その後、ノブの携帯に百合から電話がかかる。

「何で出ないのよ。もう、あんな女、早く寮から追い出してよ!」と1人で言う百合

ノブの彼女はイライラしていた。ノブは奈々と抱き合っていて電話に出ない。
これはかなりハチをかなり敵視。。。

「さっきの電話は、ノブの彼女からじゃないのかな?」と問うハチ

奈々は章司の事を思い出した。章司に電話して繋がらなくて、
ナナに「浮気でも、してんじゃねぇの?」と言われた過去を。
ノブの口が近づいて来て、奈々はとっさにキスを拒んだ。
「嫌なら、上がって来んなよ。何考えてんだよ…いい加減に、してくれ…」
…キスを拒まれて、ノブは傷ついた。
違うの…あたしは彼女を傷つけたくないだけで、
ノブを傷つけるつもりは、なかったの。二度と傷つけたく、なかったのにと思うハチ

声をあげて泣く。奈々の泣き声に、ナナが駆けつけた。
ノブの襟首つかんで、「ノブ夫」。…おお、ナナが、しゃべった

「てめぇ、臨月間近の人妻の世話がいる程、溜っちゃいねえよな。
天下の香坂百合に毎晩、しゃぶってもらってんだから」
「しゃべんなくて、いい!ずっと黙ってろ!」

「アンタはハチの幸せの為に、身を引いたんだよな?
それでも、そんなに辛抱ならねえ程、結局ハチ子が好きか」と強くいうナナ

「ナナ、違うの。あたしが…」というハチ。

ノブは奈々を睨んで…「違わねえよ。好きに決まってんだろ!」

「告んならケジメつけてからにしろ!ハンパな事して泣かせてんじゃねえよ!」
といい、ナナはノブを殴った。指輪があたってノブの頬が流血した…
だがハチはナナの胸に飛び込む。ナナは抱きしめ返してくれた。
そして穏やかな空気が流れた♪ ノブもシンちゃんも笑顔に戻った

ハチはもうノブの方へ心が動いてしまった。…タクミは冷たいから…。

私的にはノブがいい。お腹の子もノブの子だったら、いいな。
てかノブの子だっけ? でもタクミも追い詰められている
で、どうするの?とハチに問う美雨。ノブとタクミについて話し合う二人

実家に帰省したヤス。そこには詩音の姿が

ナナの母親、美鈴がやっとナナに会いたいと言ってくれたと話す詩音。

ノブの膝で眠るナナに文句を言いながら喜ぶノブ。それをを見て微笑むシン。

第84話

ナナ、ハチ、ノブ、シンのメンバーが部屋で食事をしたり歌を歌いドンチャン騒ぎ。そこにヤスと美雨が訪れる

「ナナに大事な話がある。けど後で良いから今は歌ってろ」とヤス。みんなから少し離れた席でハチとヤスはタクミについて話し合う。ハチの心情はノブに傾いている。

1 2