1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

。顔面認証システムと組み合わせれば、画面の中で人々が名札つきで動き回るさまをモニターで監視できます。集音・録音技術と組み合わせると、画面の中で交わされる会話も後から確認可能です。さらに、インターネットにつなげ、映像を全世界で共有することもできます。ゴミ出しのちょっとしたルール違反などが記録され、ネットで共有され、村八分的な扱いにつながる、という事態も報告されています。

『監視カメラ作動中』
東京都杉並区は、監視カメラの設置・運用に関する法的なルールを持っている数少ない自治体の一つです。

 ヨーロッパでは最近、社内に設置された監視カメラで従業員の行動が監視されていた実態が明らかになり、騒ぎになっています。トイレに立つ頻度がグラフで出てくるなど、まだ罪の浅い方です。ロッカー室で着替えながら同僚同士で上司の愚痴を言っていたのもすべて隠しカメラで記録され、人事評価に利用される、という事態すら現実になっています。このような実態が明るみに出るにつれ、ドイツなどでは監視カメラ規制が強められ、設置できる場所や設置できるカメラの種類なども類型化されるようになってきています。

関西ジャニーズJr.内ユニット「B.A.D.」として活動している桐山照史が、プライベートのオフショットをTwitter上に晒されるという不運に見舞われた。最近、飲食店などのアルバイト店員がSNSサイトで悪ふざけ画像をアップする非常識な事態が相次いでいるが、桐山の場合もコンビニの防犯カメラに映った画面を店員が外部に流すという形で巻き込まれてしまった。

 ネット上に流出した画像は、桐山が携帯電話をいじりながらコンビニに入店した場面を捉えたもの。8月19日頃からTwitterで広まり、ジャニーズファンの間でにわかに話題になっていたという。この件を報じた27日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)によれば、桐山の姿に気付いたコンビニ店員が友人に画像を送信し、その友人がTwitterにアップしたため多くの人の目に留まってしまったようだ。

1