1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

AV監督の著書『すべてはモテるためである』がストレートすぎて面白いと話題

AV監督の二村ヒトシ氏の著書、1998年に発刊された『すべてはモテるためである』が大幅加筆修正のうえ再登場した。内容はマジメらしいが、筆者が語る「モテない理由」がストレート過ぎて面白いと話題になっている。

更新日: 2013年08月31日

305 お気に入り 281467 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

canyonstreamさん

著者のAV監督、二村ヒトシ氏

4つのAVレーベルを主宰・経営するほか、ベイビー・エンターテイメント、ソフト・オン・デマンド、エスワン、ムーディーズ等からも監督作品を発売。

著書に『恋とセックスで幸せになる秘密』(イースト・プレス)。『すべてはモテるためである』(イースト・プレス/文庫ぎんが堂)も昨年12月に新装改訂版が発売。

真面目本として評価が高い

宗教で幸せになったり超能力を得たり、ビジネスで成功してお金持ちになる事よりも、 とにかくモテたい人に贈る本。モテない原因を知り、具体的な色道修行を詳しく解説。

この本は,ハッキリ言って真面目な本です.ひとつの哲学というか…とにかく「モテない原因を掘り下げる」ことを主眼において,その上で処方箋を示す…まるで実践倫理学のような,違うような.

内容がストレートすぎて面白いと話題

「なぜモテないかというと、それは、あなたがキモチワルいからでしょう。」

ストレートすぎでおもわず本屋さんで吹き出してしまった....

『すべてはモテるためである』では「あなたモテないのはキモチワルいからだ。」と処断し、上野千鶴子が絶賛。

みんなの反応

本屋で「すべてはモテるためである」っていう本ちょろっと立ち読みしたけど面白かった。

名著です…。一生保存すべき本…。RT @cabos_com: @yuuuuuiiiii 取り急ぎ「すべてはモテるためである」をポチリました。

二村ヒトシさんの「すべてはモテるためである」読了! 最近1番刺激を受けて、めちゃくちゃ考えたのが國分功一郎さんの「暇退」だったのだけど、これはそれに匹敵する。 ちょっとモテてみたいなぁーと気軽に手をだしてみたけど(笑)そんな事はぶっ飛んでった!オススメ☆☆☆

しかし、「すべてはモテるためである」を読んだおかげで、ぼくの中の色々の価値観が相対化できたよ。あーいう人いないもん。ぼくの周囲に。呼吸するように他人と自分を食い物にする人。

『すべてはモテるためである』二村ヒトシ著も同時に購入した。モテないのはズバリ気持ち悪いいから、だという(笑)モテる人にもモテない人にも興味をそそる内容っぽいぞ。

旅先で携え、とても面白かった本は、文庫版二村ヒトシ著『すべてはモテるためである』でした。解説が上野千鶴子、巻末に國分功一郎氏との対談も収載されており、いま女性にもベストセラーのようです。書店で平積みになっておりました。二村氏の二作目の作品もすぐに読みたいです。

「すべてはモテるためにある」二村ヒトシ著を読了しました。モテないおたく君たちにはバイブル。ですがこの中のあれこれを身につけるにはかなりの努力も要るんだ。そんな感じ。キャバクラでモテるために。とか風俗とはこういうところです。など親切丁寧で勉強になったw!!

他にもある二村ヒトシ氏の著作

1