1. まとめトップ
  2. カラダ

口内炎の治し方について。舌の痛みは食べ物などで改善できます

口内炎が出来ると、ものすごく痛いですよね。食べ物などで改善することが出来ます。口内炎を予防するための基礎知識を紹介。

更新日: 2013年09月01日

454 お気に入り 215229 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tonic-mazさん

口内炎の基礎知識

口の中や舌にできる

口内炎の直接の原因は口の中の細菌やウイルスですが、発症のメカニズムには
色々な要素が関与しています。

直径5ミリの白い斑

口内炎で多いアフタ性口内炎は、白く変色したできものが特徴です。

疲れのサイン

一般的に口内炎は疲れのサインと言われており、実際に体力が低下した時に現れやすい症状です。

口内炎の原因

細菌感染

一般的な口内炎の直接の原因は、細菌の感染によるものです。

鉄分やビタミン不足

口内の粘膜を再生するのに必要な栄養素が不足すると、抵抗力が落ちて
口内炎になりやすくなります。

口内の刺激

噛み合わせが悪いことや、癖で口の中に刺激がかかる状態が続くと、
口内炎になりやすくなると言われています。

口内の乾燥

唾液の不足などが原因で口の中が乾燥すると、粘膜が傷みやすく口内炎の原因になります。

口内炎の症状

痛み

腫れの出来た箇所が痛んだり、悪化すると出血するようになります。

摂食障害

口の中に複数の口内炎が出来たことが原因で、充分に食事を
とれなくなるというケースもあります。

口内炎の治療

10日以上続くようなら病院へ

口内炎はセルフケアで治る場合が多いですが、症状が口の中全体に広がった場合や、
10日以上治らない場合は歯科や口腔外科を受診しましょう。

軟膏

抗炎症性の軟膏を直接患部に塗ります。
軟膏には、炎症に対する効果だけでなく患部を保護する役割もあります。

生薬治療

炎症に効果のあるキキョウや、殺菌作用のあるヒノキのエキスが口内炎治療に有効です。

レーザー治療

レーザーを照射して患部を焼く治療法です。
安全性が高いことと、すみやかに治療効果が出ることが利点です。

口内炎の予防

バランスの良い食事

特にビタミンB群と鉄分が、口の中の健康な新陳代謝に重要だと言われます。

歯磨き

直接関係ないようにもみえますが、口の中を清潔にすることが口内炎の予防と治療に重要です。

乾燥の防止

飲み物で口の中を潤わせたり、アメなどを常備して口の中を乾燥させないことが
口内炎の予防になります。

1