芸能人の所属事務所からの独立や移籍をめぐってトラブルになるケースが相次いでいることから、公正取引委員会が大手芸能事務所などを対象に独立や移籍を一方的に制限するなど、独占禁止法に抵触するような不公正な契約が結ばれていないかどうか、調査を始めたことが関係者への取材でわかりました。
芸能人と所属事務所の関係をめぐっては、事務所側が認めなければ独立や移籍ができなかったり、事務所を辞めた後の芸能活動を制限したりする契約を結んでいるケースがあり、専門家はこうした契約が芸能人の独立や移籍をめぐるトラブルの背景にあると指摘しています。

このため、公正取引委員会が芸能人と所属事務所の間で独占禁止法に抵触するような不公正な契約が結ばれていないかどうか、調査を始めたことが関係者への取材でわかりました。

出典大手芸能事務所など不公正な契約ないか調査 公取委 | NHKニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

閲覧注意 特別永住許可 在日特権 在日韓国人【廃止】7月9日 マイナンバー 通報祭 偽在日

在日の巨悪の根源が特別永住許可です。在特会さんが 訴え続けていることの根源です。権利では無くただの許可 強制連行ならば好きな国に帰ればいいだけ、主張がおかしい!!!近所の100%在日通名の家が新築になり表札が別名に。。。

このまとめを見る