1. まとめトップ
  2. カラダ

「良いと思ってたのに」実は〝健康を害する〟と言われてる食べ物まとめ

最近「実は体に悪い」って物が多いのでまとめてみました。0カロリー飲料、カット野菜、ドライフルーツなど普段健康に良いと思って摂っているものが意外にも落とし穴の可能性があるようです。【食の安全】

更新日: 2014年03月18日

505 お気に入り 208677 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pand9さん

0カロリー飲料

人工甘味料を使ったダイエット飲料を日常的に消費すれば、普通の清涼飲料水以上に肥満や生活習慣病のリスクが高まる恐れがあるという調査結果が10日の医学誌に発表された。

市販の100%フルーツジュース

体に良いと思って100%ジュースばかり飲むと、逆にリスクが高まる可能性が

フルーツジュースをよく飲む人では糖尿病の発症が増える傾向が示された。

濃縮還元のジュースは特に注意!

濃縮還元タイプには意外な落とし穴があります。加熱により果物の酵素が失われ、栄養素が変質してしまうのです。

市販のカット野菜

健康のためにやってるつもりが

野菜不足を補うために、市販のカット野菜を頼ることは、自己満足に過ぎない

カット野菜は、単に栄養価が低いだけではありません。薬品漬け後、いくら水で洗浄したといっても、野菜の切断面から中にしみ込んだものまでは洗い落とせていないおそれがあるのです。消毒液の次亜塩素酸ナトリウムは、胃酸と反応すると塩素ガスが発生し、発がん性物質になるともいわれています。

※カット野菜に関しては下記リンクのような反論もあるようなので、ご自身で判断してください。

ウコン(特に肝臓に異常のある人)

ウコンに頼りすぎていませんか?

少量なら安全な食品であっても、大量・長期に摂取すると、健康障害が起きることがあります。

サプリメント

ビタミンサプリメントの摂取は大半の人では必要ない。それどころか、年配女性では死亡リスクが高くなる恐れもある

特に、鉄分のサプリは総死亡リスクの上昇と強く、かつ用量依存的に結びついていた。

ビタミンEのサプリメントの摂取と前立腺がんリスクの17%の上昇の間に強い相関性が見られたとする研究結果が、11日の米国医師会雑誌(Journal of the American Medical Association、JAMA)に発表された。

マーガリン

マーガリンにはリノール酸が豊富に含まれている。たしかにこのリノール酸はヒトが生命を維持するために必要な栄養素なのだが、最近の研究によると、摂り過ぎると炎症が起きやすくなったり、血液が固まりやすくなることがわかっている。

さらに、マーガリンにはトランス脂肪酸と呼ばれる「やっかいもの」が含まれている。(中略)トランス脂肪酸は自然界では存在しない物質であり、摂取量が増えると血液中の悪玉コレステロールが増え、動脈硬化症や心疾患などのリスクが増大するのだ。

植物油(サラダ油、カノーラ油、マーガリンなど)

植物油に含まれる「環境ホルモン」が若者たちの生殖機能に悪影響を及ぼし、特に男性の場合は精子減少のピンチ!

1 2