1. まとめトップ

【放置厳禁!】夏のお疲れ肌に今すぐやるべきこと4つ

夏の終わりのお肌の乾燥、ゴワつき、くすみ、シミ、色ムラ…放置すると老化が一気に進みます。紫外線や冷房で弱ったお肌を回復させる方法をご紹介します。

更新日: 2018年06月06日

17 お気に入り 29629 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

8割近くの女性が夏の終わりに肌の「老け」を感じている

エアコンによる乾燥や冷え、日焼けなどで夏に蓄積された肌のダメージは、実年齢より老けてみられることを指す「夏老け」をもたらす。

8月を過ぎるとようやく紫外線の量も落ち着きますが、今の時季は春先から蓄積した紫外線のダメージが一気に肌に表れてくるころ。8・9月の肌色が一年でもっとも暗いのも、これまでの紫外線ダメージが蓄積しているためです。

夏のダメージを放置すると、肌の老化が一気に進みます。
将来のシミやしわを阻止するため、これからやって来る乾燥の
季節に備えるために、夏の終わりはいつも以上のケアが必要です。

■今すぐやるべきこと ①蒸しタオルで代謝を高める

皮膚を温めて血流を良くし、細胞の隅々まで酸素が行き渡れば代謝機能が高まる。温めはダメージ回復やケアに効果的。

蒸しタオルには「ヒートショックプロテイン」を増やす効果あり

「ヒートショックプロテイン」とは傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質。

ヒートショックプロテインが増えることで、紫外線依存の傷害
(細胞死、炎症反応、DNA傷害)が軽減することや、
メラニンの素となるメラノサイトにヒートショックプロテインが
増えることでメラニン産生が抑制される(シミ形成を抑制すること)
が報告されています。

■今すぐやるべきこと ②シートマスクで徹底保湿

肌にたっぷり水分を補給できるシートマスク。潤いやハリの不足した肌をケアするにはもってこいのアイテムです。

普段の化粧品を使った後でシートマスクを使います。
ごわついた肌では成分が肌の内側まで届かないことがあるので
普段使っている肌に合っている導入化粧品として使うことで、
シートマスクの成分の浸透も良くなります。

■今すぐやるべきこと ③ピーリングで角質ケア

大量の紫外線を浴びたり、ターンオーバーが乱れていると
メラニンがうまく排出されずにくすみの原因となります。
また冷房による冷えが肌のターンオーバーを乱れさせて
お肌は内側から乾燥し、角層が厚くなってしまっている状態です。

古い角質が溜まっていると、しっかり保湿を行っていても肌の内側には浸透しません。

ピーリングを行い、肌のターンオーバーを正常化させ、古い角質をしっかり排出させることが重要です。

敏感肌でも使えるピーリングアイテム

角質ケア成分AHA配合。
毎日のピーリング洗顔で、つるつる美肌へと
導きます。
乾燥肌、敏感肌の方に配慮したマイルドタイプ。
泡立てネットを使うと、より一層きめ細かい泡を
作り出します。

1 2