1. まとめトップ

意外とすごい!?美肌とダイエット効く!レモンの効能と使い方まとめ

あまり知られてないけど、実はレモンって意外と万能!ダイエットに傷跡に疲労回復…女性の強い味方、レモンの効能をご紹介。

更新日: 2013年09月03日

MyAさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
29 お気に入り 26987 view
お気に入り追加

普段から目にすることが多いレモン。
レモン水やレモネード、はちみつレモンなど、飲み物に入っているのもよく見かけます。
でも、レモンの力はそんなもんじゃない!
意外と知らないレモンの効能、お教えします。

そもそもレモンって?

レモンの主成分はクエン酸、ポリフェノール(エリオシトリン)、ビタミンCと香りに含まれる成分であるリネモン。

クエン酸には骨を丈夫にする作用と血液をサラサラにする作用が、
ポリフェノールとビタミンCには抗酸化作用が、
そしてリネモンにはリラクゼーション効果があります。
参照:http://www.remon.or.tv/index-remonnnokounou.htm


その他クエン酸、リン、カリウム、カルシウム、マグネシウムも豊富。
参照:http://www.mylohas.net/2013/05/029615post_1867.html


こんな成分からできている果物レモン。
レモンを摂取することでどんな効果が得られるのか、順番に見て行きましょう!

レモンで美肌に!

レモンに含まれるビタミンCは、皮膚の新陳代謝を活発にし、シミ・ソバカスの沈着を働きがあり、日焼け対策や肌ケアに効果を発揮します。

紅茶やジュースに使ったあとのレモンを水でさっと洗い、布袋にまとめて入れて、それをお風呂につけます。入浴中はこれで身体をマッサージするとお肌がすべすべになり、しみ、そばかすなどのトラブルにも効果ありです。特にたばこを吸う人は、手やつめをこすると、指先をきれいにすることができます。

お風呂上りにレモンの皮で手足をこすると、肌がすべすべになり、ムダ毛の脱色にも効果があります。

手荒れに困っている人は、自家製レモン化粧水で、手に優しいいたわりを。レモン1個をしぼり、そこに日本酒200cc、はちみつ30ccを加え、よく混ぜ合わせます。これを茶こしなどでこして、瓶に入れ、冷蔵庫に保存します。夏など日焼けした肌を整えるのにも効果的です。

ダイエットに効く!

レモンに含まれているクエン酸の作用でエネルギー代謝がさかんになると、むだな老廃物が排泄され、脂肪が燃焼してエネルギーになる

「レモンダイエット」は甘いナチュラルシロップに、生のレモン果汁を加え、好きな時に飲むだけ。1日最低6杯以上飲むことで、体に必要な栄養分(ビタミン・ミネラル・蛋白質)をこのドリンクで補給します。血液中に栄養が吸収されると空腹感もあまり気になりません。いつもと変わらない生活を送りカロリーを消費しますが、摂取カロリーは6杯のドリンクだけだとごはん茶碗1杯位のカロリーしかないので、摂取カロリーと消費カロリーの差が多く、その差を余分な脂肪を消費することで補っていくのです。

軽い二日酔い、ストレス解消にも!

レモンのビタミンCは、肝臓の働きを活発にさせ、血液中のアルコールの分解を助ける役目も持っています。ただ、相当ひどい二日酔いにはそれほど期待できません。また、なんとなく落ち着かず、イライラするときにもおすすめです。
 レモンをしぼり、はちみつで少し甘みを加えて、熱いお湯を注ぐだけ。二日酔いやストレスの程度でレモン汁の量を加滅します。

1

関連まとめ





MyAさん

このまとめに参加する