提供:アディダスジャパン

感触=ビヨン?新感覚なシューズ「アディダスブースト」

今年2月の発売から、世界中で履き心地が話題になっている「adidas boost」。レビューをみると、「プニプニ」「ビヨンビヨン」などいろんな反応があるようですが、そんなにスゴイの…?

更新日: 2013年10月07日

474 お気に入り 361995 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

かかとが跳ねる?ランニングシューズ

2013年の2月の発売から一時は品切れ状態が続いていたランニングシューズ。

履いた感想は…ビヨンビヨン?

ビヨンビヨンって。。

スプリングが靴底に入ってんじゃないかってくらいビヨンビヨンです。これで競技とか出てOKなの?って心配になるくらいビヨンビヨン。

実際に走ってみて、衝撃吸収だけじゃなく、反発するような感じがするので、なんだかフワフワしている感覚でした。

「毛布のような上を歩いてる感じ?」とかありえない感想を言ってる人がいまして販促とはいえ、さすがに言い過ぎでしょw 。で、今日さっそく走ってみた感想としては、なんつーかまぁ例えていうなら毛布の上を走ってる感じでした(≧▽≦)

アスリートたちもハマってる。

履いた感想を語る楽天イーグルス田中将大投手。

走って行くに連れて足の裏とかが普段は痛くなったりするけど、これだとクッション性のおかげで負担が軽減される。

サッカー日本代表、槙野智章選手のコメント。

前への重心移動がスムーズになるので、 走り方の癖を直してくれるような感覚がある。これからのトレーニングでさっそく試していきたい。

ワコール女子陸上競技部の福士加代子選手。

『BOOST™フォーム』は、バネになってくれるような感覚。走ることに疲れたり、飽きたりしてランニグをやめてしまった人たちも、新い感覚でまた楽しく走り始めることができると思う

スポーツジャーナリストの増田明美氏。

ヒミツは世界初の「新ソール」

鉄球がスーパーボールのように跳ねてる(;・∀・)

ドイツの化学大手BASF社と共同で「TPU」という素材の粒を発泡させて成形した「BOOST™フォーム」という全く新しいソールを開発

現在のほとんどのランニングシューズのソールで採用されている素材「EVA」と比べて、70%も反発力が高い。

25年も前から使われている素材らしい。

反発力と快適性という相容れない2つの要素を融合させた初のシューズとなっている。

「不満なら全額返金」と言い切るアディダスの自信。

商品にかなりの自信があるらしい。
キャンペーン期間は9/1~11/30まで。

もし、商品に満足しなかった場合、1ヶ月間以内ならアディダスジャパンが商品の返品を受け付け、購入代金を返金。

キャンペーンWEBサイトから専用応募用紙をダウンロード、購入日から30日以内に配送業者の受付印が押捺された配送伝票をキャンペーン事務局宛に送付。

BOOST™フォームを象徴する次世代シューズ。フルマラソン完走を目指すランナーからサブ5向け。

安定性を強化した、BOOST™フォーム搭載モデル。フルマラソン完走を目指すエントリーランナー向け。

EVAとハイブリットさせた、BOOST™フォーム搭載モデル。フルマラソン完走を目指すランナーからサブ5向け。

スピードを追求した、BOOST™フォーム搭載モデル。サブ4以上のシリアスランナー向け。

1