1. まとめトップ

大ヒット「あまちゃんと半沢直樹」にみる共通点とは?

高視聴率を維持し国民的ヒットを飛ばしている「あまちゃん」「半沢直樹」の共通点をまとめてみました。

更新日: 2013年09月05日

0 お気に入り 3005 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■主役に「共感」「元気をもらえる」

「あまちゃん」の主な登場人物を示し、誰に最も元気をもらっているのか尋ねた。男女とも主人公の天野アキが断トツ、次いで母の春子だった。

「このドラマについて語るなら、まず能年玲奈さん。ものすごく透明感があって可愛い! そしてどこか小動物のような愛らしさも感じる(笑)。見ている方がどんな年代であっても、それぞれの視点で思いを重ねられる魅力を持っていると思うんです。」

つんく♂氏も主役を絶賛

「半沢直樹」の登場人物についても尋ねた。「最も元気をくれる」のは主人公の半沢直樹で、男女とも70%を超えた。

「日曜の夜は翌日からの仕事に備える特別な時間。明日も頑張るぞ、という爽快な気分になれるような作品を目指しています」

TBSの伊與田(いよだ)英徳プロデューサー

■「悪役」のキャラが立っている

善人ばかりの登場人物のなかでひときわ異彩を放つ人物。古田のユーモアセンスとシニカルな毒が、朝のドラマにピリッとした苦みを効かせている。

「実は、あの胸を隠すような腕組みのしぐさは、太巻独特のポーズを作ろうと、監督と相談して生まれたもの。自分としては、どこか気の小さな人物を表そうと思った。つまり、これは自分を守るためのしぐさ。そうそう、このウエーブした鬘も自分で考えたんですよ」

古田新太氏のコメント

「あまちゃん」昨日の太巻がたまらんかった。何十年もずーっと、春子に謝りたかったんだね。ゲスい悪役のくせにあんな脆い顔を見せられちゃったら惚れるしかないやろー!古田さんマジすげー。

「『半沢直樹』で僕を初めて見た人は、僕が歌舞伎俳優と知ってびっくりしているみたい。町を歩いていても、『黒崎が来た』と言われるほど」と影響力に驚く。

片岡愛之助氏のコメント

半沢直樹、俺的には黒崎のキャラが濃すぎて結構好き。笑 しかも黒崎なかなか手強いし。

大和田常務(香川照之)に「土下座でもしてみるか」と追い込まれた半沢(堺)が、覚悟を決めてギュッと拳を握る緊迫したシーンだった。

このシーンがドラマ内での瞬間最高視聴率34.2%を記録した(1位は第8話予告中の34.5%・関東)

半沢直樹観終わった―。大和田常務~~悪い奴やなー。ドキドキハラハラ~~~

■大衆の心をつかむ「流行語」がある

「あまちゃん」の名ゼリフ”じぇじぇじぇ”、22%が使ったことがあると回答
「半沢直樹」の名ゼリフ”倍返しだ!”、22.2%が使ったことがあると回答

両方とも同程度世間で使われているらしい。

芸能評論家の三杉武氏によると、今年の流行語大賞争いで「倍返し」は、『あまちゃん』の「じぇじぇじぇ」に一歩リードを許しているという。

早くも一騎打ちの声が上がっている

たまに居酒屋で「倍返しだ!」と叫んでいる酔っ払いがいるが、やっぱり「じぇじぇじぇ( ‘ jjj ’ )」のほうがいい。

どう考えても無敵な今年の会話 H 「倍返しだ!」 A 「じぇじぇじぇ!」

■舞台出身の役者が多い

堺雅人も、クドカンも、「あまちゃん」ワールドを賑わせている松尾スズキ、荒川良々らクドカンファミリーも、あるいは渡辺えり、片桐はいり、木野花、古田新太も……共通項があります。

1 2