出典 plaza.rakuten.co.jp

フロイド・メイウェザー

フォーブスは6月10日、「世界で最も稼ぐスポーツ選手」2015年版ランキングを公開した。
1位に立ったのはボクシング界の帝王、フロイド・メイウェザー・ジュニア。
ラスベガスで開催された対パッキャオ戦も記憶に新しい彼は、年間3億ドル(約368億円)という金額を稼ぎ出し、これまでスポーツ選手としては最高額だったダイガーウッズの記録、年間1.15億ドル(2008年度)を大幅に塗り替えた。

この情報が含まれているまとめはこちら

【ボクシング】1試合で300億円超!ボクシング・ファイトマネーの夢と現実

現チャンピオン、元チャンピオンの気になるファイトマネーをまとめました。過酷なスポーツであり、選手生命短いことを考えると、有名選手でも見合わない金額のような気がします。一方、アメリカでの試合機会を得ると、大きく数字が跳ね上がります。井上尚弥や村田諒太選手などアメリカで活躍することを期待して。

このまとめを見る