1. まとめトップ

なぜここが揺れる?地震の異常震域現象まとめ

地震の異常震域現象についてです。

更新日: 2013年09月23日

4 お気に入り 33024 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mm1000さん

異常震域とは?

通常地震の地震であれば観測される震度(加速度)は震源地(震央)で最も大きくなり、中心から同心円状に広がりながら観測される震度は小さくなる。
このような傾向を示さない震度分布を示す場合で、震源から同距離の地点だが震度が大きい地域を異常震域と呼ぶ。

震源は京都府沖の北緯36.8°、東経135.2°付近、震源の深さ370km、M6.6(気象庁による)。北海道浦幌町で最大震度4を観測した一方、震央付近ではほぼ無感となった。

確かに不思議な震度分布図となっている。
(出典:気象庁)

原因は地球内部の岩盤の性質の違い

原因は、地球内部の岩盤の性質の違いによるものです。

大陸プレートの地下深くまで太平洋プレートなどの海洋プレートが潜り込んで(沈み込んで)います。通常、地震波は震源から遠くになるほど減衰するものですが、この海洋プレートは地震波をあまり減衰せずに伝えやすい性質を持っています。このため、沈み込んだ海洋プレートのかなり深い場所で地震が発生すると(深発地震)、真上には地震波があまり伝わらないにもかかわらず、海洋プレートでは地震波はあまり減衰せずに伝わり太平洋側に揺れを伝えます。その結果、震源直上の地表での揺れ(震度)が小さくとも、太平洋側で震度が大きくなります。

地盤が弱い地域の場合、大きい震度が観測される。

豊岡市、諏訪盆地周辺、宮代町笠原、会津若松(古川町)など

異常震域による地震

震度4
福島県:浪江町幾世橋
茨城県:日立市役所
栃木県:宇都宮市明保野町

震度4
宮城県/岩沼市
福島県/白河市玉川村田村市いわき市南相馬市
茨城県/水戸市日立市笠間市茨城町常陸大宮市小美玉市石岡市取手市河内町坂東市筑西市常総市つくばみらい市
栃木県/大田原市宇都宮市佐野市鹿沼市真岡市野木町岩舟町高根沢町
群馬県/邑楽町
埼玉県/熊谷市加須市鴻巣市川口市春日部市宮代町杉戸町さいたま大宮区
千葉県/千葉中央区市原市印西市鴨川市いすみ市
東京都/東京千代田区
神奈川県/横浜中区二宮町

震度3
北海道:猿払村浅茅野
秋田県:秋田市雄和妙法

1