1. まとめトップ
  2. 雑学

思い通りの人生をつくる!"性格"を変える方法

長い人生経験のなかで形作られてきた性格…好きな部分も、嫌いな部分もあると思います。性格なんてそう簡単に変えられない…そう思って諦めているとしたら、この簡単な方法を読んでみて頭の片隅にしまっておくと良いかもしれません。

更新日: 2016年10月30日

6227 お気に入り 977341 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「性格は変えられない」は間違い

考えることが行動に現れ、
行動が習慣を作り、
習慣が性格をつくる。

そして性格が運命をつくる。

〜映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』より

今の脳に関する最新科学では、性格や思考の方法を変えることができることが明らかになってきています

性格は変えられるんです。

変えられないという意識が強いからこそ、性格を変えることがますます難しくなってしまう

「性格は一生変えることができない」と思い込むことは、本当にあなたをそうさせてしまうことに繋がります。

考え方が大きく変われば、人格・性格が変わったように感じられるかもしれません。考え方が変われば、人生も変わるのではないでしょうか

性格のせいで人生損をしている…なんて思っているのなら、今すぐに性格を変える方法を実践してみるべきかも。

「性格を変える」…というよりも、「考え方を広げる」、「選択肢を増やす」などはあなたの意識次第でできる

「性格を変えよう」と思うととても困難なことのように思えるかもしれません。
でも、「行動を変えよう」「考え方を変えよう」なら…?できそうじゃありませんか?

あなたの「性格」をつくっているもの

▷ 今のあなたの性格をつくっているものは、それまでのあなたの「行動」です。

その人の性格は、その人の行動の結果である

アリストテレス(ギリシアの哲学者)の言葉。

長い生活習慣の積み重ねが、性格を作りだしている

それまでの人生で積み重ねたあらゆる行動の結果が、あなたの今の性格をつくっています。

たまたま、一回、間違った選択肢を取ったために、以後、間違った選択肢を取り続けてしまっていることも多い

一度嫌なことから逃げてしまえば、そこで貴重な経験や自信を得ることができずに、以後同じような場面で同様に逃げてしまう…そういった繰り返しが、臆病な性格をつくっていってしまいます。

あなたの現在の思いはあなたが思う以上に重要です。
あなたの将来はあなたの現在の思いにかかっています

今の考え方や行動があなたの将来を作っていることに、もう少し気を配るべきかもしれません。

こうすれば性格は変えられる!

▷ まずは、なりたい自分をイメージしてみよう。

なりたい自分をイメージができたら、そのイメージに近づくために行動(行為・口調・表情・視線・行動範囲 etc...)を変えていきます

明るい性格になりたければ、明るい行動をすれば良い、たったそれだけです。例えば、挨拶を元気よくする、「ありがとう」を笑顔で言う、等。イメージする「なりたい自分」なら、その時どんな行動をするかを考えてみましょう。

実際に思いをポジティブへと切り替えるだけ

考え方がポジティブになれば、行動に現れます。行動は、やがて習慣となり、いつのまにか性格となるでしょう。

性格を変えるために重要なことは、一度や二度の繰り返しではなく日常生活の中であきらめないで繰り返すこと

何かあったときにそれまでの考え方や行動を行わず、別の行動をとることが性格を変える第一歩です。そして、それを自然にできるようになるまで繰り返すことで、性格は変えられるのです。

一番いけないことは、決め付けること

「私は怒りっぽい性格だから、しょうがない」「私は暗い性格だから、しょうがない」…決めつけは、次の行動を制限してしまいます。結果、いつまで経っても嫌な自分の性格を変えることができません。

性格がすぐに劇的に変わることはないようです。変わるのは少しずつです

一度や二度、考え方や行動を見直したところでそう簡単に人は変われません。大切なのは、何度も"繰り返すこと"です。

おすすめまとめ

1