1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

keioooさん

★夜市

何でも売っている不思議な市場「夜市」。幼いころ夜市に迷い込んだ祐司は、弟と引き換えに「野球選手の才能」を手に入れた。野球部のエースとして成長した裕司だったが、常に罪悪感にさいなまれていた――。

本のタイトル作品である「夜市」ももちろん良い作品なのですが、私は「風の古道」に読み応えを感じました。

たまたま舞台設定が自分が住んでいる小金井公園付近であると言うこともあるとは思いますが、ついついその古道を探してみたくなります。まあ、もしあったとしても入りたいとは思いませんが。

いずれの作品も文章はシンプルでありながら、深みのある世界がうまく描かれていて、余韻の残る作品になっていると思います。

「夜市」は日本ホラー小説大賞受賞作品とのことですが、いわゆる「ホラー」とは一線を画し、日本古来の伝承を小説としてよみがえらせた「ファンタジー」といった方が適切かもしれません。

すごく楽しみな作家がでてきたと思います。次回作が待ち遠しい。できれば長編でどっぷりと「恒川ファンタジー」の世界に浸りたい。

★犯罪

一生愛しつづけると誓った妻を殺めた老医師。兄を救うため法廷中を騙そうとする犯罪者一家の息子。羊の目を恐れ、眼球をくり抜き続ける伯爵家の御曹司。彫像『棘を抜く少年』の棘に取り憑かれた博物館警備員。エチオピアの寒村を豊かにした、心やさしき銀行強盗。―魔に魅入られ、世界の不条理に翻弄される犯罪者たち。高名な刑事事件弁護士である著者が現実の事件に材を得て、異様な罪を犯した人間たちの哀しさ、愛おしさを鮮やかに描きあげた珠玉の連作短篇集。ドイツでの発行部数四十五万部、世界三十二か国で翻訳、クライスト賞はじめ、数々の文学賞を受賞した圧巻の傑作。

様々な犯罪、というより様々な人生の物語。そこには一つとして同じものは存在しない。シンプルな筆致なのに、そこに描き出されるのは、血肉を備えた犯罪者たちの人生。
個人的には京極堂シリーズとちょっと感触が近い印象。どんなに奇妙に見えても、彼らの人生、行動と思考を丹念に追うことにより、通常と異常(犯罪行為)の溝が埋まり、その奇妙さは納得出来る理由に落ち着く。
弁護士が作者だから被告側の視点なのは当然なんだけど、特徴的なのは、事件の真相やいわゆる正義が、ここでは求められないこと。事件そのものよりも、依頼人の権利を守り、最善をつくすことが大事。だから、解決しないまま終わる物語もある。
奇妙な味、トリック、悲劇、ハートウォーミング、謎、と短篇集としても多彩。

★赫眼

目を奪う美貌と、小学生とは思えぬ色香。転校生の目童たかりは、謎めいた美少女だった。学校を休んだ彼女に届け物をしに、少年が訪れた家の奥―そこには、あまりにも禍々しい何かが横たわっていた…(表題作)。合わせ鏡が作り出す無限に続く映像世界。その魔力に取り憑かれた男を襲う怪異とは(「合わせ鏡の地獄」)。書下ろし掌編を含む、悪夢のような傑作十二編。

表紙からしていやーな怖さが漂うが、収められた各篇もまた非常に禍々しく、ヤな雰囲気を放射する。各篇いずれも作者の実体験、あるいはこれまで作者が蒐集した"実話"に基づくお話の態で語られるのだが、各々その語りのスタイルこそ違えど、いずれも「憑かれる」あるいは「追いかけられる」といった恐怖の煽り方が巧妙で、紙面を通じて読み手は確実にそのヤな空気に取り巻かれる。

★おしどり探偵

冒険好きな若夫婦のトミーとタペンスが、国際探偵事務所を開設した。平和で退屈な日々は、続々と持ちこまれる事件でたちまち慌ただしい毎日へと一変する。だが、二人は持ち前の旺盛な好奇心と若さとで、猟犬のごとく事件を追いかける!おしどり探偵が繰りひろげるスリリングな冒険を描いた短篇集。新訳で登場。

私にとってはクリスティの中でのベスト1と言っていい作品です。パロディあり、夫婦愛あり、謎解きありの盛りだくさんの作品です。トミーとタッペンスが、シャーロック・ホームズ、ブラウン神父、そしてポアロなど様々な探偵の真似をしながら探偵事務所を開設するという設定が最高に面白い。もう現在では評価されなくなっているミステリ作家の探偵も登場するが、それも含めて、当時のイギリスの社会の様子が非常によくわかるところが、この作品のいいところです。

★震 フルエ

黒木あるじ×平山夢明―二人がかりでこの世に引きずり出したぬるぬるの四十篇の恐怖譚。

新耳袋みたいに純粋に起きる怪奇現象の描写って訳ではなくて
それぞれの話に因縁の説明やオチもあります。
 それでもシンプルで短い話で余計な装飾も無いので
作為臭が無くて「実話」怪奇譚の世界にすんなり入れます。
 話もバリエーションに富んでいて
最終話まで「次も読みたい、その次も」と
一気に読んでしまいました。
久しぶりに実話怪談物に手を出したのですが当たりでした。

★忌中

死んでも死に切れない―。泣く泣く妻を殺め、女に狂い借金まみれの挙句に自殺した初老の男。若くして自殺したエキセントリックな叔父の後日談。事業失敗で一家心中をはかり、二人の子供を道連れにした夫婦。強姦殺人の憂き目にあった高校時代の女友達。救済でもなく逃避でもない、死者に捧ぐ鎮魂の短篇集。

どんでん返しなどはありはしない。不幸な予兆はさいごまて消えることはない。読後感もこれまた重い。
死にそうな人間は死んでいく。不幸な人間はどこまでも不幸。
人はなんのために生きるのだろうか。
ユーモアのかけらもなく、淡々とした文章がよりリアルに不幸を描く。

★エラリー・クイーンの冒険

長編の名手クイーンは短編の名手でもある。『冒険』には、「アフリカ旅商人の冒険」「首つりアクロバットの冒険」「一ペニイ黒切手の冒険」「ひげのある女の冒険」「三人のびっこの男の冒険」「見えない恋人の冒険」「チークのたばこ入れの冒険」「双頭の犬の冒険」「ガラスの丸天井付き時計の冒険」「七匹の黒猫の冒険」の十編を収録。好青年エラリーの活躍譚は、E・A・ポオやコナン・ドイルの伝統をくむ、本格短編の一大宝庫である。

通勤電車の中でも読み終えられる分量の短編が全10編、いずれも冒頭の不思議な犯罪、複数の容疑者そして意外な犯人と、推理小説のエッセンスがコンパクトにまとめられており、用いられるトリックにも無理がないのと同時に十分に独創的。奇をてらった怪奇趣味や複雑な人物造形に力を入れすぎる昨今のミステリに比べると驚くほどシンプルだが、それがかえって味わいぶかい。エラリー・クイーンはそのきら星のような長編で十分すぎるほど有名だが、ミステリのお手本のようなこの短編集も必読の価値あり。

★少女外道

戦前の日本。大きな庭のある裕福な家庭に育った久緒は、あるとき怪我を負って苦悶する植木職人・葉次の姿を見て、自分が苦しみや傷に惹かれる「外道」であることを知る―。特異な感覚を抱きながら昭和を生きた女性の生涯を描いた表題作など、彼岸と此岸、過去と未来を自在に往還する傑作短編全七編を収録。

美しい文章でエロティック。
著者は80代で、この短編は70代後半くらいに執筆したものなんだとか。
私の世代で言えば、ポップティーンとかのちょっとエッチな雑誌を読んでドキドキした…のと似たような感覚だとおもうんだけど(という言い方をすると途端に軽くなってしまいますが)、それが年配者の美しい文章で語られると、とてもドキドキします。
当時の女学生の心とか空気感が伝わってきて心地いい。
短篇集なので、時間がない時に読むのもオススメ。

★蘆屋家の崩壊

定職を持たない猿渡と小説家の伯爵は豆腐好きが縁で結びついたコンビ。伯爵の取材に運転手として同行する先々でなぜか遭遇する、身の毛もよだつ怪奇現象。飄々としたふたり旅は、小浜で蘆屋道満の末裔たちに、富士市では赤い巨人の噂に、榛名山では謎めいた狛犬に出迎えられ、やがて、日常世界が幻想地獄に変貌する―。鬼才が彩る妖しの幻想怪奇短篇集。

全部で七編からなるホラーミステリー。
話によっては幻想小説といった方が相応しいものもありますが、
そのどれもが珠玉の出来映えです。
これだけのレベルの高さを誇った短編集など、そうはないでしょう。
作家の見識の深さと、主人公・猿渡の軽妙な語り口には
とにかく魅了されます。鳥肌が立つ程に。

★憑き物

植物写真家・猫田夏海が訪れた岩手県の寒村に住む滝上家は
代々“イヅナサマ”を操り託宣を下す霊能力を持つという。
満月の山中、夏美は滝上家の一人娘・沙姫の憑依現象を目撃する。
その翌日、祈祷堂での刺殺死体が奇妙な書き置きとともに発見された!
生物に知悉した先輩ライターの鳶山が調査に乗り出すが……。
二人が出会う、様々な憑依の不思議を<観察者>の論理が斬る!
鬼才・鳥飼否宇が描く、本格「憑き物」ミステリ!!
(――「幽き声」他三編を収録)

ウォッチャー鳶山シリーズの一冊。
 3本の中編+αを収めている。
 いずれも珍しい生き物がからむミステリである。変わった生態が使われており、生物ミステリとしてはおもしろい。

1 2