医師の診断によると、彼が遅刻をしてしまう原因は、彼の脳で一般的にADHD(注意欠陥・多動性障害)が起こるとされる部分に問題があり、彼には「時間の経過を正確に把握できない」症状が表れていた。彼のような人は「2時間電話で会話をしても15分経ったくらいの感覚になる時がある」とされ、時間の管理がとても難しくなるそうだ。

出典“人生遅刻ばかり”病気だった、57歳にして慢性遅刻症候群と診断。 | Narinari.com

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【悲報】よく遅刻してしまうという人に衝撃的なお知らせ

ここまでひどい方は病気の可能性ありのようです。

このまとめを見る