1. まとめトップ
  2. 雑学

【その発想はなかった】新しい生き方を試す人がΣ(; ゚Д゚)カッケー

多くの人が驚くほどの新しい生き方を模索し実際に試している。この社会への挑戦は重要な問題に対する答えを見つけようとしているように感じました。

更新日: 2013年09月07日

13 お気に入り 18967 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

lisieuxさん

雑誌"エスクァイア" 編集長。思想家、職人や社会実験を行う。

4冊の本で詳細にすべての複雑な問題を説明して、多数の記事を発表している。

http://en.wikipedia.org/wiki/A._J._Jacobs

家族とバカンスのため海外旅行中、突然肺炎を発症し、現地の病院に緊急入院。

ベッドの上で「世界で一番ヘルシーになる」と決意する。様々な健康に関するアドバイスを実践したらどうなるか?充実にアドバイスを実践していく男です。

ニューヨークで聖書の言葉どおりに1年間暮らしてみた男。

聖書の教えをなるべく充実に守って1年間過ごす。

丸1年間、ショットグラス1杯分の日焼け止めを塗ることからショッピング中にヘルメットをかぶることまで、ありとあらゆる健康に関するアドバイスを実践しました。

このような実験を出典先の動画で語っています。

コリン·ライトさんは、世界中を4ヶ月ごとに移動する。作家、起業家

遊牧民的ライフスタイル

コリン·ライトさんがどこの国に行くかブログの読者の投票によって決める。

コリン·ライトさんは本や旅行記などの文章を書いて生計を立て世界中を旅している。

ハイデマリーさんはお金をいっさい使わなくても衣食住に不自由しない生活を送っている。

彼女はこれまで15年間、お金を一切使わずに生活しているというのだ。

彼女はホームレスではなく、衣食住に不自由なく暮らしているという。

1989年、2人の子どもを連れてドルトムント市に引っ越したときのこと、彼女は多くのホームレスの姿を目の当たりにし、衝撃を受けた。

彼らのために何かできないかと思案した末に、1994年「譲り合いセンター(Give and take central)」を設立する。

これは、お金を使わずに価値を交換する施設である。たとえば、古着を台所用品と交換できたり、車に関するサービスを提供する見返りに、配管サービスを受けられたりなど、価値と価値を交換することができるのだ。

プララド・ジャニさんは、70年前から食料や飲み水も摂取しないで生きている。

http://en.wikipedia.org/wiki/Prahlad_Jani

ジャニさんが11歳のときから食べ物も飲み物も摂取していないという。

現在は85歳、洞窟の中で仙人のように暮らしている。一日のほとんどを瞑想に費やしている。

▼ホントに70年も断食している?2003年と2010年にはインドの病院で二つの研究が行われた。

インドの科学者たちや医師30人によって24時間態勢で15日間にわたって観察された。

部屋にはビデオカメラが2台設置されているほか、用事で部屋を出る時にはビデオカメラを持ったスタッフが付き添うという徹底ぶりだった。期間中、ジャニさんは一度も飲食せず、トイレにも行かなかった。

サラ・ボンジョルニさんが、中国製品を何も買わずに年を過ごした。

2004年12月末、中国製品であふれたクリスマスプレゼントの残骸を見ながらふと思いついたことからこの計画は始まった。

※このアイデアは人権問題や失業問題に基づくものではありません。

2005年に、世界で最も人口の多い国で製造されていないだけのものを、購入することを誓った。

今回のボイコットは、私たちの家族がグローバルな経済とどうつながっているのか、具体的には中国の輸出経済にどうつながっているのかを、個人的な形で知りたいと思ったからはじめたものです。

つまり、中国製品なしで生活することができるのかどうか、やろうとするとどれだけ難しいのか、ということを知りたかったのです。

1