1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

curation.jpさん

中国西部、貴州省遵義市に住む24歳の男性、何勇さんは先ごろ、同僚から「白目の部分や皮膚が緑色になってきている」と指摘され、ようやく自分の体の変化に気付いた。

これ完全にホラー映画の世界じゃないですか(震え /皮膚が緑色に変色…タニシ食べ続けた男性、原因は「肝蛭」―中国貴州省 xinhua.jp/socioeconomy/p…

何勇さん、なんと

医師の診察で胆管に寄生虫がいることが原因だと判明。寄生虫を取り出す治療を受けて、現在、自宅で療養中だ。

皮膚が緑色に変色…タニシ食べ続けた男性、原因は「肝蛭」―中国貴州省 xinhua.jp/socioeconomy/p… @CN_BusinessNewsさんから 本当に緑色だ......寄生虫怖いな

タニシ

タニシ(田螺)は、腹足綱 原始紐舌目 タニシ科 Viviparidae に分類される巻貝の総称。南米と南極大陸を除く各大陸とその周辺地域の淡水に生息し、雌雄異体の卵胎生。

中国ではタニシを食べる習慣がある

中秋節前後、卵を産んでいないタニシは肉がよく肥えていて、ちょうど食べごろを迎えます。月見にタニシ、その時、一種の独特な風情が溢れています。

例えば、中国広東省の紫蘇炒田螺(タニシの炒め物)は夜食に欠かせない食品

食べる際はよく火を通すべきである。

日本でも

甲信越地方の一部では貝殻のまま味噌汁(つぼ汁)にし、お見合いの席には欠かせないものとされていた。

皮膚が緑色に変色…タニシ食べ続けた男性、原因は「肝蛭」―中国貴州省 xinhua.jp/socioeconomy/p… @CN_BusinessNewsさんから タニシとか食おうと思ったこともないわ

何勇さんの症状

6月頃から酷い腹痛に悩まされた。病院に行かないまま、しばらくすると皮膚や白目の色が緑に変色し始めたという。

報道によれば、何さんの胆管の中にいたのは、体長1センチほどの寄生虫「肝蛭(かんてつ)」4匹。

肝蛭

結構大きくて2~5㎝くらいあり、木の葉のような形をしています。

人に寄生すると胆管にかなりの炎症を起こし、発熱、吐き気、右腹の激痛、下痢などの症状が見られます。

皮膚が緑色に変色…タニシ食べ続けた男性、原因は「肝蛭」―中国貴州省 xinhua.jp/socioeconomy/p… 調べると肝蛭(かんてつ)は水生植物(クレソン等)をよく洗わなかったり、手に卵が付着したまま摂食、稲わら感染した牛の生レバの摂取でも寄生されることがあるそうな #寄生虫

何勇さん

自分の姿はまるで全身緑色の米国アニメの超人キャラクターのようだったと同紙の取材に答えている。

1 2