1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

日本では失業者以外に「その他の無職者」(主婦および年金生活者を除く)に分類される者が大勢おり、実質的な失業率はもっと高い。

アルバイトなど・・

日本の失業率は米欧などに比べて低い数字が出やすい。例えば日本独特な概念である専業主婦は、働く意志がないとカウントされている(本当は働きたいと思っていたとしても)可能性が大きく分母が小さくなっている。また転職が日本よりも当たり前の米欧では次の職に就くまで待機している人口が日本より多くなるため分子が増えるし、アメリカでは軍人が分母にカウントされないが、日本の自衛隊は分母にカウントされていることも影響するだろう。おおざっぱではあるが日本の5%とアメリカの5%では数字の意味合いが異なるという認識が必要である。日本の5%という数字は悪いけど、アメリカの5%はいい数字なのだ。

日本における自殺の主な原因・動機の1つとして、失業や就職難などの経済・生活問題が影響していることは明らかである。

若者と中高年男性を自殺から救え!
欧米よりはるかに自殺率が高い日本の問題点とは
http://matome.naver.jp/odai/2131998633461989701

1