1. まとめトップ
  2. カラダ

年齢は〝後ろ姿〟に出てしまう・・・。綺麗な後ろ姿の作り方

「年齢は後ろ姿にあらわれる」とよく言われますが、全くその通りですね。「後ろ姿美人」になるには、姿勢と筋力を鍛える事が大事です。まとめました。

更新日: 2013年09月11日

1934 お気に入り 232574 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mabosanさん

後ろ姿美人への憧れ・・・

手とか指とか表情とかももちろんいいんだけど、気づくといつも見てるのは後ろ姿なんだよねー 後ろ姿美人にめっぽう弱い

トプ画とヘッダー変えてみた(o^^o) こんな後ろ姿美人になりたいぜ…

実年齢相応、あるいは実年齢より若く見られると女性は嬉しいもの。もっとも、必ずしもそうとは言い切れないことは分かっています。
しかし、実年齢が「お姉さん」で通用する年齢であるのに「後ろ姿がおばさん」と思われようものなら悲劇ですね。
そこで、ファッション云々ではなく純粋に「後ろ姿を若く見せる方法」をまとめてみました。後ろ姿美人となって好きな男性をドキッとさせよう。

年齢は後ろ姿にあらわれる

お顔の年齢は化粧や美容整形でごまかされてもお身体の年齢は後ろ姿に表れるのでごまかすことができません。

ほんと後姿で年齢ってわかりますよね。ヒップの垂れ具合と腰回り(やや後ろ側のウエストの下)の肉付きがポイントだと思います。ヒップは運動や体操でどうにかなるのですが、腰回り?の肉はどう動いても筋肉が働かないです。

歩き方が違う。膝曲がってる。背中腰が前かがみ。髪、艶がない。お尻垂れてる。ピーマン型。右肩左肩どっちかに偏ってる。

「女性の“後ろ姿”で年齢を感じる部分」を聞いたところ、「ブラから脇や背中にはみ出たお肉がわかる」(26%)、「ウエストから腰にかけてのラインに段ができている」(21%)、「ヒップが垂れている」(21%)、「背中に肉がついている」(20%)という回答が出てきました。

綺麗な後ろ姿の作り方

上から吊られているイメージを思い描きながら歩く

自然と背筋がピンとして、姿勢が良くなり、後ろ姿美人に一歩近づくことができるでしょう。

後姿を美しくするカギ。それは、背骨の左右に位置する「肩甲骨」にあります。

肩甲骨を動かす前に、以下の動きをして下さい。

肩甲骨を動かす前に、首に手を当ててゆっくりと上を向きましょう。
この時に、呼吸を止めずにゆっくり深呼吸をしつつ、
頭の重みを使って真上を仰ぐようにしましょう。
1セット5回、一日3セット程度行いましょう。

詳しいやり方
http://allabout.co.jp/gm/gc/178293/3/

肩甲骨を動かすことにより、肩甲骨付近の筋肉をほぐして、血液の循環を促進することができます。デスクワークの途中でも、気付いた時に行うようにすると良いでしょう。

以下の運動をすると、1日1回でも効果が期待できる。

1.両方のヒジを曲げて、大きく胸を張ります。左右の肩甲骨を寄せるように(両肘を後ろで近づけるように)意識すると良いでしょう。
2.肩甲骨を近づけた状態で3~5秒キープ。
3.両手を前に伸ばすようにして、背中を丸めるようにして伸ばします。腰を丸めるのではなく、背中を伸ばすことを意識します。近づけた左右の肩甲骨を離すようなイメージで行うとよいでしょう。
4.背中を丸めた状態で3~5秒キープ。

胸を開き背中をストレッチするポーズです。姿勢と背中の血行がよくなり、贅肉がつきにくくなります。効果は3ヶ月ほど続けると実感してきます。背中だけでなく腰痛にも効果的なので、積極的に行ってください。毎日続けることが大切です。

以下の「STEP1~3」を3回行う。

出典nanapi.jp

ヨガマットがある場合はヨガマットの上で、無い場合は平らで安定した場所で行います。足を閉じて、伏せに横になります。

足をまっすぐ伸ばして、足の裏は天井を向く。

出典nanapi.jp

ひじを曲げて手のひらをしっかり床につけてます。

脇が開かないように、しっかり閉めてください。

出典nanapi.jp

息を吸いながら背中の筋肉を使いながら胸を持ち上げます。ゆっくりと、胸、お腹をの順番で体をそらしていきます。腕は伸びて、目線は正面、または少し上を見ます。
この状態で、自然な呼吸を繰り返して、15秒から20保ちます。息を吐きながら胸を下ろして、うつ伏せに戻ります。

勢いをつけずに、ゆっくりと上半身をそらしていきます。肩に力が入って首がすくまないように気をつけてください。

男性は後ろ姿美人にドキッとする

先日、お隣のテーブルで、ボーイズトークを耳にしました。
お題は、「なにフェチか?」だったのです。ダントツNo1が“後ろ姿のキレイな人がいい!”だったんです。

男性は、女性の内面の強さに憧れと尊敬の念を持っています。しっかりと真っ直ぐ立ち、前を見つめた姿勢は内面の強さと自信を表します。待ち合わせの時など、うっかり気を抜かずに後ろ姿美人を意識してみて下さい。

関連まとめ

1 2