海軍士官の息子なので、父親が戦死したとして相当な額の補償金が入り保護もあったはずです。しかも7,000円というお金を持ち(当時)病院で節子を見ることも出来ていた。

出典『火垂るの墓』が教えてくれること - じゃがめブログ

当時の7,000円は現在の700万円程度の価値らしいです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

原作者・野坂昭如が語った ジブリ作品「火垂るの墓」の真実

これを観て泣かない人はいない、とまで言われるジブリ作品「火垂るの墓」。原作者の野坂昭如さんが後に語った、映画では描かれなかった真実をまとめました。

このまとめを見る