1. まとめトップ

第二のWikipediaになる?!Naverまとめとは、何か?

「NAVERまとめ」は第二のWikipediaになるかもしれない。色んなことを検索してみると、「naver まとめ」で作成されたものがトップ付近に来ているものが多い。なぜ、こんなに人気になったのかについてまとめてみました。

更新日: 2013年09月30日

chemnoteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 1489 view
お気に入り追加

☆どんなものなの?

コンセプトは、誰もが情報をデザインできるようにして、「1億総キュレーター時代」を創出すること

出典line 株式会社

NAVERまとめ(ネイバーまとめ)とは、LINE株式会社が運営するCGM型Webキュレーションサービスである。 様々な情報をユーザーが独自に収集して組み合わせ、ひとつのページにまとめてインターネット上に公開。

キュレーションとは情報を収集しまとめること。または収集した情報を分類し、つなぎ合わせて新しい価値を持たせて共有することを言う。

「NAVERまとめ」などキュレーションメディアはソーシャルメディアへの最適化に比重を置いたメディアです。

ソーシャルメディアとは、個人と個人、個人と組織、組織と組織の間の情報発信が、ウェブサービスを経由することによってそれ自体が意味を持つコミュニティとなり、実社会に広く拡散され、影響力を持ち始めたメディア。具体的には、Facebook, twitter, Mixi, などのこと

☆なぜまとめが必要なの?

情報をみんなが効率よく活用できる未来のために、テーマにあった良い情報を収集、選別し、共有する新しい役割=キュレーターの重要性が、識者を中心に語られ始めています。

多くの情報がインターネット上にはあふれる時代になってきているので、どの情報が重要なのかが判断できたり、まとめられていたりすることが重要になってきている。

NAVERまとめは、人間が抽出する事に重点を置いていて、人間でしか抽出できない情報かどうか?という所を基にして、注目まとめやカテゴリを決めているように思います。

googleなどの情報検索サイトでは見つからない、人間が判断して得られた情報も重要。

☆どのくらい人気なの?

2012年12月データをまとめた。その結果によると、「NAVER まとめ」の訪問者数が1,335万人に達したことが明らかになった。

前年比2.3倍、「伸び率」という点では、Facebookをはるかに上回り、訪問者数ではTwitterすらも抜くという大躍進となっている。

☆読み手としての楽しみ方

読み手に人気の理由3つ

1,たくさんの情報の要旨が一度にわかる。

まとめ作成者(キュレーター)が、「あるテーマ」に沿って、その人のセンスと知見と文脈で、Webの海からピックアップした情報を集めて見やすく整理して共有する。

一つ一つ検索して調べる手間を省いてくれて、「この記事だけ見ればいい」ので助かる。つまり、自分にとって価値を持つ情報ソースとなる。

2,人の手が加えられており、わかりやすい

3,異なる視点から、情報が見られる。

普段報道されないようなことでも、まとめられている。

どちらかというと雑誌に近い感覚の、でももっとニッチな、Webユーザーの細かい潜在ニーズに答えるサイトと言える

☆作り手としての楽しみ方

作り手に人気の理由3つ

1,作成の簡単さ

ブログ記事を作成するよりかは手軽で簡単。HTMLなどの知識がなくても作成できる。

2,アクセス数が多く、たくさんの人に見られる。

1 2





科学(特に化学その中でも有機化学)、学校(特に大学)、就職、ライフハックなどをまとめています。
https://twitter.com/chemnote1

このまとめに参加する