1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

しけた食品を再生・復活するテクニック

秋雨の今。うっかり湿気たスナック、煎餅。捨てずに利用!

更新日: 2013年09月08日

211 お気に入り 75213 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wampoさん

パリパリさくさく…

歯ごたえって、美味しさにっとて
重要なファクターですよね。

それが、大事にしまっておいたら
ガーン!湿気てニチャリ。まっず!
こんなとき、どうすればいいの〜?!

復活テクニック

基本、短時間加熱することで復活します。

コツは本当に短時間にする事。
また加熱直後はやわらかいので
乾燥させつつ少し待ってみて。

冷蔵庫で乾燥させる手もありますが
近年の冷蔵庫は保湿効果が高く、
効果が全くないかも。

キッチンペーパーを敷いた皿になるべく重ならないように広げて、ラップをせずに数秒レンジでチン

せんべい、スナックの復活に。すぐ出来る。

オーブントースターに網に載せた状態で数分加熱します

焦げに注意。やや難易度高し。オーブンでも可。

食品用乾燥剤(シリカゲル)を多めに用意して、密封した袋に湿気った煎餅と一緒に入れましょう

アイテムは選ばないものの、時間がかかります。(数日)

再生テクニック

味付けが濃いものは
チンでは復活しづらい傾向があります。

柿の種、煎餅類はそのまま砕いて
フライの衣にしたり、お茶漬けにすると
おいしいです。

面倒な人はいっそしみ(ぬれ)せんべいとして
食べてしまうという手も…

佃煮にして、自家製ごはんですよ

チンでは復活しづらい、味付け海苔のリメイク。

水や油気の無いフライパンに緑茶を入れて弱火にかけ、香りが出るまで炒ります。

お茶はほうじ茶に。

ポテトチップスをコロッケにできます。

つぶしてホワイトソースとまぜ中具に。衣にしても美味しい。

包丁で刻んで、アイスクリームに混ぜていただく

クリームが挟まっているウエハースやクッキーはアイスと一緒に。

湿気対策の知識

食品用シリカゲル

スーパーや100円ショップで
販売されています。

密閉できる箱や袋と併用すれば
湿気にくくなります。

ポリエチレンは、湿気を通す

よくある薄いポリ袋では湿気は防御できない。厚手のラップ併用をお勧め!

ドライボックスというものがあります

湿気を通さないタッパーボックス。一つあると便利。

砂糖、食塩、調味料等を多量に用いた食品は吸湿性食品といって、わずかな水分で大きな影響を受けやすい

表面に味付けがなされているものは湿気やすい。

さらに多孔質な食品は吸湿しやすい。

軽くてさっくりした食感は
その穴にヒミツがありました。

穴が多い食品は軽くてクリスピー。
でも、スポンジのように開いた穴は
水分吸着の原因になってしまうのです。

こぼれ話 砂糖はなぜ固まる?

ヨーグルトに付いてくるお砂糖ありますよね?あれを普通のお砂糖によく混ぜてタッパーで保管すると、固まらない

砂糖は乾燥で固まっていた!
てっきり湿気ているものとばかり
思っていました。

なので、適度に水分を与えればOK。
(パン、グレープフルーツの皮を入れる)
他に、ヨーグルトの砂糖を混ぜるのも
効果的なんだそうです。

お試し下さい♪

失敗談

きづいたらせんべいたべてた。こわい。 しかも!せんべいしっけてるし。 しっけやばいとカビ生えてきそうな気分ナルヨネー。わら

デスクにビスケットを30分放置したら見事にしっけた....え。30分で(´Д` )!?

しけた食品を楽しむ

1 2