1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

レトロ感とギャップが面白い!【銭湯カフェ】のまとめ

銭湯カフェが全国にいくつかあるのでまとめてみました。もともと銭湯だった建物を利用して銭湯の雰囲気を残しつつカフェにしたものがほとんどですが、銭湯とカフェが一緒になっている珍しいところもあります。銭湯で長湯をするようにゆったりとくつろげそう!?

更新日: 2016年11月16日

CuteMonsterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3099 お気に入り 214187 view
お気に入り追加

さらさ西陣

築80年の銭湯旧藤の森温泉をリノベーションしたカフェ。
まるで「千と千尋の神隠し」のお風呂屋さんの様な唐破風の屋根、格天井と呼ばれる立派な高い天井、和製マジョリカタイル全面張りなどのつくりが残されています。
http://sarasan2.exblog.jp/

昔の人々の交流所「銭湯」がカタチを変え、現代のカフェという交流所となっているのは、少しロマンがありますよね。

マジョリカタイルの壁が印象的。
元銭湯ということで天井が高く開放的なのが特徴。

内装も、男湯と女湯の壁は一部残したまま、ガラス張りにしたり、壁を壊したりでほぼ昔の銭湯のままです。
壁のタイルが非常に印象的です。

嵯峨野湯

大正後期に建てられた嵯峨野湯をリノベーションしたカフェ。番台をレジにしたり、マーブル模様のタイルの洗い場がそのまま残っていたり、銭湯の名残があちこちに。
メニューではパンケーキが有名。

http://www.sagano-yu.com/

洗い場の蛇口や鏡がそのまま残っています。
当時の浴槽までも残っています。(写真奥)

銭湯時代で言う浴槽があった真ん中の場所に通されました。
壁には蛇口などがそのまま残っておりレトロな雰囲気に・・・

壁には、元銭湯を思わせる、鏡や蛇口や湯船後があり、店内も明るく開放的な空間で落ち着いたイメージ。雰囲気はかなりおしゃれで楽しめました♪

ゆーゆー

約100年続いた銭湯「大和湯」を改造したユニークなカフェ。「ゆ」と描かれたのれんをくぐると、脱衣ロッカーやタイル張りの壁が残る不思議な空間が広がる。尾道の特産品も販売。
http://tabelog.com/hiroshima/A3403/A340302/34001841/

外観からもですが、店内もレトロ感がたっぷりで
何だか落ち着ける空間です。

銭湯の面影がたくさん残されています。

白いタイル壁、天井などは以前と変わらないままだそうです。
銭湯を実体験した人には懐かしく、知らない人にはレトロモダンな空間で尾道と言う街にはよく似合っていますね。

大蔵清水湯

江戸時代末期に建てられた米蔵を昭和30年代に銭湯として改修。国の登録有形文化財となった建物は、現在ではカフェとして営業を続けている。

銭湯だったころの名残を残した空間は、とてもユニークで、当時 銭湯に来るお客さんの賑わいがフワっと浮かんでくるような雰囲気。

入り口のところは普通のフローリングでテーブル席が並んでいますが、その奥のお風呂だったところはタイル張りです。銭湯の中にテーブルと椅子を置き、銭湯の中に足をいれる感じになります。
アイスコーヒーを注文。お膳にフルーツ、お菓子と一緒にコーヒーが運ばれてきてオシャレです。

末広湯

ここは、銭湯もカフェもどちらもあるとても珍しいお店です。
銭湯とカフェとそれぞれ営業がバラバラなので営業日は確認してください。
https://www.facebook.com/sentou.cafe

ライブなどもおこなわれているようです。

1





このまとめへのコメント5

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

まとめるの、結構好きです^^
自分の興味のあること、
気になることを中心に、
ぼちぼちまとめていこうと思っています。



  • 話題の動画をまとめよう