1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

todayplusさん

季節の変わり目にかかりやすいそうです

もし、花粉症でも鼻炎でもないのに、咳やくしゃみ、特に鼻水が出るようなら、寒暖差アレルギーの可能性があります。気温の変化が激しいこの時期、大きな温度差による刺激が鼻の奥を刺激して血管の太さを変え、鼻づまりや鼻水などアレルギー性鼻炎のような症状をおこしてしまうのです。

一般的に、成人女性がなりやすいと言われていますが、それは、女性は男性に比べて筋肉量が少なく、体内で熱を作るのが苦手なため、冷え性になりやすく、その冷えが自立神経の働きを乱してしまう場合が多いからです。

症状

例えば、暖かい外から冷たいスーパーや飲食店などに入ったあと、しばらくして、さらさらとした鼻水がスーっと流れてきた経験はありませんか?
これが、寒暖差アレルギーなのです。
急激な温度差は、アレルギーのみならず、心臓にも負担がかかります。

寒暖差アレルギーの症状としては、鼻づまり、鼻水、食欲不振、睡眠トラブル、疲れやすい、イライラする、など自律神経の乱れから、鼻のみではなく、全身による症状が現れます。
対策をせずに、症状が悪化すると、ぜんそくになってしまうので、侮るのは危険です。

鼻炎ではあるので症状は、鼻だけでなく 咳などの喉の症状を伴うことも。
食欲不振、体の怠さなど全身疾患を感じることもあります。
でも発熱をしたりすることはありません。
そしてなによりも、目の痒みは出ることがありません。

予防方法

寒暖差アレルギーは、アレルギーでも風邪でもないので、薬で治すことはできません。以下の事に気を付けて、自立神経のバランスを整え、温度差のない生活をするように気を付けましょう。

対処方法

病院で見てもらうのはもちろんですが、生活習慣や服装等で体の負担を軽減する事も大切なようです

寒暖差アレルギーの場合、誰でも簡単にできる対策が服装で工夫することです。

・マスクをする。これにより鼻・のどの温度を一定に保つ。
・脱ぎ着しやすい服装にする。ひざかけなども用意するとよい。
・40度前後のぬるめの湯船につかる。

1