1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

romonさん

胸椎黄色靱帯骨化症

脊柱の後方にある椎弓をつなぐ黄色靭帯にカルシウムが沈着することで骨化することにより発症する疾患。

骨化した黄色靭帯が脊髄を圧迫することにより、下肢のしびれ、脱力などの症状が発生し、ひどい場合には両下肢麻痺などの症状をきたすこともある。

原因が不明であるため、経過が予測できないことから消炎鎮痛剤などを投与して経過を観察する。

日本の元プロ野球選手、元プロ野球監督。
選手時代のポジションは投手。2011年より東北楽天ゴールデンイーグルス監督を務める。2008年には北京オリンピック野球日本代表の監督も務めた。

2014年、持病の腰痛が悪化。その後の検査で難病(=特定疾患)の一種である腰椎椎間板ヘルニアと胸椎黄色靱帯骨化症と診断され、休養を発表。その後手術を受け退院した。

もやもや病

もやもや病とは脳底部に異常血管網がみられる脳血管障害。

名前の由来は脳血管造影の画像において、異常血管網が煙草の煙のようにモヤモヤして見えることから。

シンガーソングライター。
「輝きながら…」がヒット曲となり、ブレイク。女性ヴォーカルの曲をカヴァーしたアルバム『VOCALIST』が話題となった。

2001年、もやもや病(脳血管障害の一種)のため、コンサートツアーを中止。翌年もやもや病を克服。レコード会社をユニバーサルミュージックへ移籍し、活動を再開。

ギラン・バレー症候群

ギラン・バレー症候群とは、急性・多発性の根神経炎の一つで、主に筋肉を動かす運動神経が障害され、四肢に力が入らなくなる病気である。

日本の有名人も多数発症している。

中学2年生でギラン・バレー症候群を発症したが、その後克服する。

女優。
高倉健の『網走番外地』シリーズ、千葉真一の『夜の青春』シリーズをはじめ、数々の映画に出演した。映画『男はつらいよ』シリーズでは、マドンナ役を2度務めた。

1975年に神経疾患であるギラン・バレー症候群を発症。1999年11月から翌年にかけてギラン・バレー症候群が再発したとして芸能活動を休止した。

俳優・タレント。
東映が製作する千葉や志穂美悦子主演の格闘映画に次々と出演。春日井製菓のコマーシャルで「黒飴マン」に扮した。

2006年6月下旬にギラン・バレー症候群罹患である疑いのため東京都内の病院に入院。2010年、『徹子の部屋』にリハビリ後の復帰初仕事として出演。

2002年春先にギラン・バレー症候群を発症したため出遅れ、出場機会を得ることはできなかった。

元プロサッカー選手。
ポジションはミッドフィールダー。浦和のエース福田正博とのコンビネーションは「フクフク・コンビ」と呼ばれた。

1997年はギラン・バレー症候群により長期欠場を余儀なくされた。

競艇選手。
愛知支部所属。2008年には江戸川大賞IN蒲郡で初G1を獲得。2014年、全24場制覇を達成。

2001年、ギラン・バレー症候群という難病を患い選手生命どころか生命自体の危機に瀕する。必死に治療に専念し、4カ月後選手復活を果たした。

政治家、通産官僚。
外務大臣(第133・134代)、環境大臣(第1・2代)、環境庁長官(第39代)、参議院議員を歴任した。女性官僚の草分け的な存在。

2007年3月、ギラン・バレー症候群を発症。病状は重度のものではなく、車椅子によるリハビリ生活を送りながら、同年7月の第21回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し再選。

中学1年生のとき、ギラン・バレー症候群を発症したが3か月療養し、完治した。

1 2 3 4