1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

違う夢ができた…早大生アイドルの仲俣汐里がAKB48を卒業へ

AKB48として活動しながら早稲田大学合格していた仲俣汐里さんがAKBからの卒業を発表。理由は「違う夢ができた」とのこと。早大生アイドルとして活躍した仲俣さんの卒業についてまとめました。

更新日: 2013年09月10日

38 お気に入り 104382 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monet333さん

仲俣汐里さんがAKB48からの卒業を発表

AKB48仲俣汐里(21)が9日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた公演で、グループからの卒業を発表

AKB48劇場支配人の湯浅洋氏はGoogle+で「仲俣からファンの皆さまにお礼の挨拶時、AKB48からの卒業の発表がありました」と報告

「本当にやりたいことが決まった。それに向けて私はAKB48を卒業します」

その後ブログでも卒業を報告する仲俣さん

「本日の公演でわたしは卒業を発表しました。突然の発表となりファンのみなさまを驚かせてしまい申し訳ございませんでした」

ブログでもあらためて卒業を報告する仲俣さん

「様々な仕事を経験してきてわたしが本当にやりたい仕事、夢が見つかりました!」

「これから新たな夢に向かって全力で頑張っていきます!今まで応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました」

AKBとして活動しながら早稲田大学に合格していた仲俣さん

仲俣は、2010年に10期生オーディションに合格し、研究生として劇場デビュー

AKB48研究生として半年間で140回もの劇場出演をこなしつつ、睡眠時間を3時間に削り、試験勉強と両立させた

2011年2月12日、チーム研究生公演にて、早稲田大学政治経済学部に合格(附属校からの内部推薦)したことを発表

公演では、総合プロデューサーの秋元康氏(54)の「君の頑張りはAKB48のメンバーに一番大切なことだと思う」とのコメント

同時に10期生初の正式メンバーへ昇格

(当時)仲俣さんは「昇格がゴールではない。目標はソロの歌手になること。(今後も)学業と両立させて頑張りたい」と話した

AKBグループ初の経済本を出すなど女子大生アイドルとして活動していた仲俣さん

12年6月には、48グループ初の経済本「AKB48でもわかる経済の教科書」を出版するなど、女子大生アイドルとして活動

AKB48に所属しながら、学業にも励む姿勢で知られ、昨年には経済本「AKB48でもわかる 経済の教科書」を出版

「仲俣!AKBでもわかる経済入門の本を出そう。歌手志望なのは知っているが、いろいろやってみるのは無駄じゃない」と呼び掛けた

仲俣はこの知識を生かし、経済ニュース番組のコメンテーターや司会に意欲を示している

1 2