1. まとめトップ

ハゲ頭に朗報!!厚生労働省認可「プロペシア」に注目

厚生労働省が認可したというハゲに効く薬が登場したとのこと。これは世の中の薄毛男子たちにとってかなり朗報だ!

更新日: 2013年10月11日

64 お気に入り 114657 view
お気に入り追加

最初に

男性にとって永遠のテーマであるもある薄毛。薄毛とは聞こえがよいがハッキリ言って「ハゲ」のことだ。
遺伝だのストレスだのと色々と原因を言われてきたが、原因がわかったところで今までは諦めるしかなかった。。。
しかし、朗報が!
なんと、厚生労働省が認可したというハゲに効く薬が登場したとのこと。
その名も「プロペシア」
このまとめでは、プロペシアが男どもの救世主となるのか否か・・・。それを様々な角度から検証してみたい。
最後になるが、効果の有無の判断はあなたがしてほしい。

頭によろしくない恐怖の成分

ハゲを促進しちゃうシャンプーの見分け方

安いシャンプーには、それだけ粗悪な洗浄薬品が使われている……と河野氏は解説する。
「粗悪な洗浄薬品の代表格が『ラウレス/ラウリル硫酸Na』などのAES系界面活性剤。
これは石油製品をつくったときの産業廃棄物のようなもので、原価はゴミクラス。
洗浄力はママレモン級に強く、髪がバサバサになります」

AES系のシャンプーを使っていたら、 自分でハゲを促進しているようなもの・・・・。恐ろしい!

そもそもハゲとは

ハゲとは、頭髪が何らかの原因によって、頭皮からほとんど抜け落ちてしまった状態を指します。

そんなのわかってます。

男性型脱毛症AGAにプロペシア

プロペシアの副作用など

プロペシアはもともとは前立腺肥大症などのものに用いられていた為、性機能に関して影響を与えます。そのため副作用も性機能に関連したものとなっています。性欲減退がから始まり、勃起不全や精子の減少などの機能的な支障が見られることもあります。また頭痛や腹痛などのような症状も見られることもあり、薬を服用しているときはこのような普段はあまり気にするようなものでない症状にも、注意する必要があります。

プロペシアの効果には個人差がある。

プロペシアは基本的に一日一回一錠を毎日飲んでいきます。一錠の量は1mgとされていて、人によってはこれ以下の場合もありますが、これ以上服用することは禁止されています。また薬の種類によってはこのプロペシアと同じような効果のある薬もあります。そのような場合一条であると1mg以上の量になってしまう場合もあるため、切って服用する必要がでてきます。自分の使用する薬がどの程度の量化をしっかり把握しておくことが大切です。

プロペシアは継続して利用することではじめてその効果を発揮してきます。そのため薬の継続しての服用が大変重要となってきます。一般的に効果が現れるのは6ヶ月を過ぎたぐらいとなってきています。しかし効果というのは個人差による影響を強く受けるので、必ずしもこの6ヶ月に効果がでてくるとは限りません。早い人で3ヶ月ほど、遅い人では1年近くかかる人もいます。

プロペシア使用上の注意

男性型脱毛の治療に使用されている「プロペシア」(成分名:フィナステリド)については、妊娠中の女性では男の胎児の生殖器に異常を起こすおそれがあることが米国FDAの公表する注意事項に掲載されています。
 そこで、この注意事項を一般の方が容易に正しく理解することができるよう、重要な注意事項の邦文訳をホームページに掲載いたしました。
 なお、プロペシアは我が国でも承認されており、医師の処方せんが必要な医薬品になっております。安易な個人輸入は行わず、必ず医療機関を受診し、医師の処方により正しく服用するようにしてください。

国が認可しているプロペシアだが、医師の処方箋が必要であり。また使用は「男性限定」となっている。女性と小児は使用不可だ。

関連リンク

1